再び暴言「自衛隊強姦しまくり強姦祭り」石嶺市議後援会、自衛隊関係者は法的措置を検討


石嶺香織市議がまた暴言、自衛隊強姦しまくり強姦祭り

「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」
参考:宮古島市議「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」削除逃亡
この暴言で大炎上した石嶺香織宮古島市議だが、反省もせずまた「航空自衛隊・集団強姦情報・強姦しまくり強姦祭り!w」とURL付で暴言をフェイスブックに掲載していることが判明した。
暴言は「石嶺かおり後援会~てぃだぬふぁネット~」というフェイスブックページで、先日の暴言を弁明する投稿のコメント欄に連続して掲載されている。石嶺市議と関係者が管理しているものと思われる。
ページのコメント欄に書き込まれる市議への批判はすべて削除され、二度と投稿できないようにブロックしているが、自衛隊への誹謗中傷コメントだけは多数掲載され削除をしていることも判明しており、これは石嶺市議側が意図的に残しているコメントでもある。
※記事公開後に、また削除逃亡したのでスクショを貼っておく

スポンサーリンク

管理者の意図で掲載された誹謗中傷

一見、匿名が勝手に投稿したように見えるがそれは違う。
前述のように、石嶺市議らは批判をすべて削除している。それは辛辣なものでなくとも「不適切では?」程度のものも削除し二度と書き込めないようにブロックをしている手の込みようだ。
そのなかで、自衛隊への誹謗中傷だけピックアップして掲載しているのはページ管理者の意図であることは明白。
石嶺かおり宮古島市議自衛隊中傷コメント

これはもう、辞職だけでは済まされない事態だ。
炎上の発端となった最初の暴言に関しても、宮古地区自衛隊協力会が法的処置の検討をしている最中に再度の暴言掲載。これは訴訟待ったなし!の最悪の事態を迎えていると言ってよいだろう。
参考「陸自来たら婦女暴行起こる」 | 宮古毎日新聞社

今回の暴言は石嶺かおり市議個人の発言ではないが、後援会など複数人が関与するページで意図的に掲載されていることから、関係者への責任追及も行われることが必至だ。
この暴言の根底にある思想も、他国に宮古島を無抵抗で差し出すという危険なお花畑思想から来ていることも判明しており、改善されることはないだろう。
参考:石嶺香織宮古島市議、他国に宮古島を差し出すという危険なお花畑思想
この市議を推した政党関係者は戦々恐々だろう。

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

民進党の池田真紀、TBS番組出演認めるもヤラセデモには言及せず

民進党の藤末健三議員が山本太郎議員をディスるNETGEEK引用

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  2. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  3. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  4. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  5. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  6. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  7. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を
  8. 国民民主党「新しいロゴを発表しました」ゲオとTSUTAYAを丸パクリ疑惑浮上
  9. 検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」のを消したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP