【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明


自称バイラルメディア「netgeek(ネットギーク)」が25日に掲載した『安倍総理の「ブラックサンダーが大好き」という情報を検証してみた』という検証記事が、2013年にまとめられた他人の記事のほぼコピーであることが判明した。
↓netgeekが盗用した記事
実は庶民派!安倍総理がブラックサンダー好きすぎる! – NAVER まとめ

netgeekは臆面もなく「検証してみた」とタイトルを打ち「その証拠を6つのリスト形式でざっとまとめた」とか書いちゃう厚顔無恥。こういったことは日常茶飯事で、当サイトでも数えきれないくらいに盗用されている。
それではnetgeekの記事と元記事の比較をしてみましょう。

両サイトの比較画像

netegeekが6つの証拠として列挙した画像と文章を、元記事と比較してみましょう。ググってヒットした、たった一つの記事の構成をそのままコピーしちゃってます。
実は庶民派!安倍総理がブラックサンダー好きすぎる! – NAVER まとめ

証拠1

netgeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明1

証拠2

netgeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明3
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明4

証拠3

netegeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明5
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明6
他のブログから引用したキャプチャー画像まで一致している。

証拠4

netgeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明7
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明8

証拠5

netgeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明9
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明10

証拠6

netgeek
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明11
NAVERまとめ
【逆検証】netgeekの「安倍総理のブラックサンダー大好きという情報検証」は盗用コピー記事と判明12
豊橋市出身の根本幸典議員(自民党)って情報は、ツイッターの引用元には書いてないぞ!NAVERまとめにしか書いていないよ。

逆検証結果

検証も何も、完全なコピーじゃん。
せめて複数サイトをミックスしろよ。
netgeekは他の記事も、ちょっとググってみると大半がパクリだと判明する。それを臆面もなく「検証してみた」「netgeek編集部の調査によると・・・」などと平気で嘘が書ける神経が理解できない。

最近では複数のメディアから捏造や印象操作を指摘されるようになりましたが、泉放送制作に関するデマなど実在人物の画像まで使った捏造がバレたんだから、その時点で終了でしょう。その記事を引用した国会議員も指摘を受け謝罪に追い込まれていることだし、捏造をした本人が責任を取らず削除して逃げるのはどうなの?
関連:【検証】一つの制作会社がテレビ局を乗っ取っている!と言うデマが流れた経緯
関連:リテラに記事を盗まれた!当サイトの検証結果をリテラ編集部の調査として掲載
関連:泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

室井佑月が「衆院選の安倍陣営」に関する大嘘を調べもせず週刊朝日に書いている

柿沢未途議員「玉木雄一郎議員を代表に」泥船から逃げ出した柿沢が民進党から合流の玉木を推す始末の悪さ柿沢未途議員「玉木雄一郎議員を代表に」泥船から逃げ出した柿沢が民進党から合流の玉木を推す始末の悪さ

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP