暴論!室蘭工業大准教授「自衛隊は沖縄の民衆に銃を向けることができる」護憲派集会でスピーチ


室蘭工業大准教授「自衛隊は沖縄の民衆に銃を向けることができる」護憲派集会でスピーチ

清末愛沙 室蘭工業大准教授は、3日に開催された憲法改正に反対する市民団体の集会で、自衛隊法3条1項の解釈として「自衛隊は沖縄の民衆に銃を向けることができる」とスピーチを行った。
※動画開始6分23秒から

清末准教授が「民衆に銃を向けることができる」と語った自衛隊法3条には、自衛隊の任務として以下のように規定されている。

第三条 自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。

これをもって民衆に銃を向けることができるというならば、沖縄の基地反対派の行為は警察では対応できないレベルで公共の秩序を乱していると自認したことになる。見る限りでは警察で十分に対応できると思われるが、清末准教授は我々が見たことのない脅威を沖縄で目にしてきたのだろうか?

そして、これを拡散しているのが、あの石嶺香織さん・・・

 「自衛隊の主たる任務は自衛隊法3条1項の前半に記載されているように国防にあります。しかし、後半には必要に応じ、公共の秩序にあたるものとすると書かれています。公共の秩序の維持の名の下で、自衛隊が治安出動することが認められるということです。言…

石嶺 香織さんの投稿 2018年5月4日(金)

スポンサーリンク

天安門事件は例にも出さない

清末准教授の発言は全体的に見て、拡大解釈というよりも妄想に近いものがある。

 自衛隊の主たる任務は自衛隊法3条1項の前半に記載(動画では規定)されているように国防にあります。しかし、後半には必要に応じ、公共の秩序にあたるものとすると書かれています。公共の秩序の維持の名の下で、自衛隊が治安出動することが認められるということです。言い換えると、民衆に銃を向ける可能性があるということです。沖縄の民衆に銃を向けることができるということです。

 自衛隊の憲法明記とは、現実的に存在してきた自衛隊を単純に追認する、そんなものではありません。軍事組織としての自衛隊を憲法上の公的な存在にすることで、その活動を躊躇(ちゅうちょ)なく行うことができるようにするものです。安保法制、すなわち戦争法により、世界各地で武力行使が可能になった自衛隊に正々堂々と戦うことを求め、それに抵抗する者を容赦なく弾圧する可能性がぐっと増すことを意味します。そんなものは決して受け入れることはできません。
出典:【5・3護憲派集会詳報】(3)清末愛砂・室蘭工業大准教授「改憲で自衛隊が民衆に銃を向ける可能性が増す」(4/6ページ) – 産経ニュース

どう考えても憲法に明記することによって生じるリスクではない。この言い分だと「警察は民衆に銃を向ける」として警察組織と装備も否定しなければならない。
そもそも、国家を転覆させるような不法行為を働いたり、暴力で政治的野望を達成しようとしなければ自衛隊に銃を向けられる心配などない。

清末准教授は「イスラエル兵が銃口を向けようとも、実弾で威嚇射撃をしようとも、音響爆弾などを投げようとも、そして実際に死者が出ることを前提に発砲しようとも、また戦車が人々を立ちふさごうとも、非暴力のパレスチナ人。」ともスピーチしているが、これを例に出すなら民衆を戦車で轢き殺した天安門事件を例に出すべきだ。

この集会では日本共産党の志位和夫委員長も「安倍首相が書き込もうと言っている自衛隊というのは、いったいどんな自衛隊か、災害救援に汗を流している自衛隊じゃありません。」「文民統制を踏みつけにしている自衛隊です。こんな組織を憲法に明記させていいんでしょうか」などと自衛隊を批判している。
参考:共産党・志位委員長が自衛隊をボロカス「災害救援に汗を流す自衛隊じゃない」「こんな組織を憲法に明記」

関連:宮古島市議「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」削除逃亡
関連:八重山毎日新聞が自衛隊を差別するコラム掲載「自衛隊が来ると犯罪や事故が予想される」石嶺香織を模倣か

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

木下ちがや「もう麻生の家に押し掛けてもいいのでは。殺人罪にはあたらないし。」通報され削除元しばき隊の木下ちがや「もう麻生の家に押し掛けてもいいのでは殺人罪にはあたらないし」通報され削除

LGBTパレードに「安倍やめろ」のプラカード!国会前抗議参加の写真家が掲げる、台湾の団体は無関係?LGBTパレードに「安倍やめろ」のプラカード!レインボープライド参加の台湾団体は無関係?




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. スクープ第2弾!民主党政権「桜を見る会」に議員家族も参加 元長岡市長「黒岩、菊田、森ゆうこ各議員とそのご家族にお会いした」
  2. 東京新聞「時に敗者は醜くくもなる、銀メダルの表彰は偽善ではないか?」→世界中の銀メダリストに謝れ!
  3. 韓国国会議長「日本の反応悪くない、皆が寄付すると言っている」徴用工問題の解決基金案→テレビ朝日の調査「支持する7%」
  4. NHKに受信料を払うと泥棒がやってくる!委託業者が集金名簿を悪用、高齢女性がキャッシュカードを盗まれる
  5. 足立康史「森ゆうこ議員、質問要旨は午後10時、通告が終わったのは夜半前後?」→森「・・・」→門田隆将「足立康史の圧勝」
  6. 池袋暴走 飯塚元院長のおことば「安全な車を開発するようメーカーの方は心がけて」→百田尚樹「このクソジジイ」
  7. スクープ!民主党政権も「桜を見る会」に後援会や県連を招待、元民主議員(現・立民)はブログを削除→共産党が追及から意図的に除外か?
  8. ついに朝日新聞の紙面に「関西生コン」の文字が躍る!と思ったら「正当な活動 犯罪に」と全力擁護していた
  9. 森ゆうこ議員が提出した「質問通告」フォーマットを足立康史議員が公開→名前を書いてハンコ押すだけ、質問項目なし
  10. 帰ってきたブーメラン!首相のヤジを酷評する枝野代表→民主党政権時代にヤジで退場処分になっていた(動画あり)



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP