恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判


恥知らず!朝日新聞社員のセクハラ発覚後も社説で「常識はずれの人権感覚」と財務省セクハラ問題を批判

5月24日発売の週刊文春で、社内でのセクハラ隠蔽問題が報じられた朝日新聞。問題発覚後も事実関係を明らかにせず、何食わぬ顔で他人のセクハラ問題を語るという恥知らずな行動に出ている。

31日掲載の社説では、麻生大臣の財務省セクハラ問題の対応について「常識はずれの人権感覚」などと批判を展開している。朝日新聞には恥という概念がないのだろうか?

前事務次官のセクハラ問題でも、常識はずれの人権感覚を露呈した。
 これほど前代未聞の不祥事を重ねた責任を直視せず、開き直る麻生氏を、いつまで副総理兼財務相にとどめるのか。安倍政権には、もはや普通の政治モラルを問うこともできないのか。
出典:(社説)麻生財務相 もはや辞めるしかない:朝日新聞デジタル

また、2日には武蔵大学の千田有紀教授(現代社会学)のコラムを掲載しているが、ここでも朝日新聞のセクハラ問題には一切触れていない。

スポンサーリンク

朝日新聞に忖度する執筆陣

2日掲載の千田有紀教授のコラムは「(ひもとく)セクハラ 被害者・加害者、ねじれる認識」というタイトルだが、財務省の福田前事務次官によるテレビ朝日記者へのセクハラを取り上げ「被害者の気持ちや立場を尊重」としている。しかし、その問題より先に朝日新聞は自社のセクハラ問題を隠蔽していたことなどには一切触れていない。

 日本のMeToo運動を牽引(けんいん)したのは、なんといってもひとつは伊藤詩織さんの『Black Box ブラックボックス』だろう。詩織さんは、自分が受けた性暴力と、逮捕状まで出ていた加害者がなぜか裁かれない司法の不正義について書いている。福田淳一・前財務省事務次官のセクハラ問題は、前次官が要職についていたことにより、事態が複雑化した。被害者は詩織さんの行動に勇気をもらったと伝えられている。
出典:(ひもとく)セクハラ 被害者・加害者、ねじれる認識 千田有紀:朝日新聞デジタル

千田教授に限らず、朝日新聞系列の媒体で「#MeToo」を訴えてきた面々は、紙面どころか自身のSNSでも朝日新聞のセクハラ問題には一切触れていない。それでいて他社や省庁のセクハラ問題には容赦なく責任追及している。
ようするにこの人たちがやっていることはビジネスなのだ。それ自体は悪いことではないが、ビジネスとしても他者に厳しく自分には甘いという姿勢は賢明とは言えないだろう。財務省の自浄作用がどうのと騒いでいた#MeToo祭りの方々は、朝日新聞社長の辞任を求めて本社に押し掛けるなりのパフォーマンスくらいは見せてほしいものだ。

関連:朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞記者「理事長は首相に会いましたと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」妄想が酷い朝日新聞記者の妄想がヤバい「理事長は首相に会ったと自供したも同然、ウソだったことにしろと迫られた」

動画公開!新潟県知事選「新潟県には女性の知事は必要ないんです」花角陣営応援弁士発言の真偽が明らかに動画公開!新潟県知事選「新潟県には女性の知事は必要ないんです」花角陣営応援弁士発言の真偽が明らかに





最近の記事

  1. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  2. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  3. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  4. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  5. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  6. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  7. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  8. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  9. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  10. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP