毎日新聞「容疑者自閉症?」新幹線殺傷事件記事での不適切表現を謝罪


毎日新聞「容疑者自閉症?」新幹線殺傷事件記事での不適切表現を謝罪

10日に掲載された毎日新聞の記事

毎日新聞は、9日に発生した東海道新幹線3人殺傷事件を報じた際のタイトル「新幹線殺傷 容疑者自閉症?」が自閉症と事件に因果関係があったかのような誤解を招くとの批判を受け、記事タイトルを変更、同記事の冒頭に謝罪文を掲載した。

不適切な表現でおわび
この記事では当初、容疑者が昨年入院した経緯について、障害と事件が関係するような表現になっていたため、関係部分と見出しを削除しました。誤解を与える不適切な表現であり、おわびします。
出典:新幹線殺傷:容疑者「旅に出る」と1月自宅出る – 毎日新聞
毎日新聞「容疑者自閉症?」新幹線殺傷事件記事での不適切表現を謝罪

スポンサーリンク

無責任報道と読者リテラシー

毎日新聞は、当初の記事タイトルだけでなく容疑者に関する文章のうち以下の赤字部分を削除している。

小島容疑者は自閉症と診断され昨年2~3月には岡崎市内の病院に入院していた。伯父方では2階の部屋に引きこもってパソコンを触っていた。

これらの記事修正後、ツイッターの公式アカウントの投稿を削除し謝罪。

この事件に限らず、容疑者の情報を集めて流すだけの無責任報道は他社でも見られ、テレビのワイドショーでは容疑者の読んでいた本まで詳細に報じている。少しでも情報があれば伝えるのが仕事なのかもしれないが、伝え方を間違えれば趣味障害が犯行と因果関係があるかのような誤解も生じる。

今回のケースでは、読者側のリテラシーで報道の不手際を指摘し、毎日新聞側が情報の修正を行っているが、これもネット時代の新しい形かも知れない。

関連:加計報道で捏造?毎日新聞「与党議員が国会議論を軽視する発言をした」本人から指摘され嘘発覚→書き換え
関連:毎日新聞局長がプロの窃盗犯と判明!ガスバーナーでガラスを焼き破るテクニックを駆使!送検・起訴49件

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

新潟県知事選、池田陣営で組織的な選挙違反か?黒岩宇洋議員「投票日に最後まで電話かけた」←削除逃亡中新潟県知事選、池田陣営で組織的な選挙違反か?黒岩宇洋議員「投票日に最後まで電話かけた」刑事告発決定

袴田さん再審取り消しで暴言「死んでくれるのを待っているのですよ。」兵頭正俊が政権批判に利用する投稿袴田さん再審取り消しで暴言「死んでくれるのを待っているのですよ。」兵頭正俊が政権批判に利用する投稿





最近の記事

  1. 立憲民主党女性候補「インフルエンザウイルスの無毒化は紅茶が一番です」安定の反ワクチン、癌の自然治癒
  2. 自衛官の息子・野田佳彦「あなたのお父さんは人殺しを仕事にしてると言った教師、そういう雰囲気あった」
  3. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  4. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  5. 音声公開!韓国国会議長「天皇、戦争犯罪の主犯の息子」を否定するも、あっさりと録音を公開されてしまう
  6. 4年以上隠蔽か?立憲民主・西村智奈美議員の政治資金を横領した元職員を在宅起訴→横領発覚は2013年
  7. 立憲民主党女性候補「下着の画像やSNS妨害が続いている」←該当する嫌がらせが見つからないと話題に
  8. 韓国外交部「天皇謝罪発言への抗議は無かった」→外務省幹部「聞こえなかったことにしたいのだろう」
  9. 翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到
  10. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP