炎上狙いのヤラセか?ミスか?フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか


フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか?真相は意外なほどの凡ミス

フジテレビサッカーの公式アカウントが、12日に行われたサッカー日本代表のパラグアイとの国際親善試合前に「勝つのはパラグアイ」と誤投稿し、直後に削除と謝罪をした問題。


早速ネット上では「反日の本音が出た」と騒ぎになっている。
しかし、この投稿については「反日」などではなく、単なる「誤投稿」か「炎上狙いのヤラセ」の可能性がある。なぜなら、フジテレビサッカーの公式アカウントは、問題のツイートの2時間ほど前にハッシュタグを使った勝敗予想を行っていたからだ。

スポンサーリンク

浮上する二つの可能性

フジテレビサッカーが問題の投稿の2時間ほど前に公開した勝敗予想が以下のものだ。
炎上狙いのヤラセか?ミスか?フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか

画像下の選択肢は「#勝つのは日本 でツイート」と「#勝つのはパラグアイ でツイート」となっており、どちらかをクリックするとツイート投稿画面に遷移する仕組みになっている。
フジテレビ「#勝つのはパラグアイ」試合前誤投稿はなぜ起こったのか?真相は意外なほどの凡ミス

この投稿機能を使ってフジテレビのサッカー中継を盛り上げようという計画だったのだろう。
以上のことから、誤投稿が起こった可能性が二つ考えられる。

炎上を狙ったヤラセの可能性

フジテレビサッカーが使った勝敗予想の投稿は、選択肢をクリックすると「#勝つのは〇〇」のあとにURLが付記される。しかし、問題の投稿にはURLが無い。通常のハッシュタグ機能で投稿している。
手入力なら誤操作ではない。となると、勝敗予想ハッシュタグが盛り上がらないので公式アカウントから意図的にハッシュタグを投稿し、炎上させようとしたのではないかとも考えられる。
事実として勝敗予想の投稿は炎上後も含めてもほとんど拡散されていないが、URLの無い「#勝つのはパラグアイ」は独り歩きを始めて一気に拡散している。

テスト投稿をスクショ保存された

やらせ疑惑以外で可能性が高いのは「テスト投稿」である。
選択式の勝敗予想以外で手打ちのハッシュタグも集計の対象になるのか担当者がテスト行い、すぐに消すつもりが一般アカウントにスクショを取られ拡散炎上したという可能性だ。
なぜテストがパラグアイの勝利予想だったかが疑問視され「反日」の疑惑が再浮上しそうだが、テストは投稿数の少ないパラグアイで行うほうが一般アカウントの目には留まりにくい。

まとめ なんでも「反日」にしたがる

本記事で示した可能性はあくまで予想であるが、大方はこんなところであろう。
そもそもワールドカップが賭けの対象となっており、勝敗予想はサッカーファンの楽しみの一つでもある。フジテレビサッカーアカウントは「どちらを応援するか?」でパラグアイを選択したわけではなく「勝敗予想」でパラグアイを選択肢に入れたに過ぎない。
このようなことは少し確認すれば判明することだが、ネットメディアはすぐに「大手メディアは反日」というネタに仕上げてPVを稼ごうとする。この問題を取り上げているネットメディアはこの記事で示した「勝敗予想」について意図的に隠していたと言わざるを得ない。

無論、朝日新聞らに見られる「日本を応援したくない」という姿勢は反日と批判されても仕方ないのだが、事実を曲げてまで「反日」に仕立て上げて叩くのは「美しい国」の人間としては慎むべきだろう。

関連:朝日新聞・高橋純子が堂々の反日宣言「五輪で日本!日本!と言わないと許してもらえない空気にはしない」
関連:「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

袴田さん再審取り消しで暴言「死んでくれるのを待っているのですよ。」兵頭正俊が政権批判に利用する投稿袴田さん再審取り消しで暴言「死んでくれるのを待っているのですよ。」兵頭正俊が政権批判に利用する投稿

検証!netgeek「共同通信記者が盗聴器を設置して加計学園の話を盗み聞き」は真実か?フェイクか?検証!netgeek「共同通信記者が盗聴器を設置して加計学園の話を盗み聞き」は真実か?フェイクか?




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  2. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  3. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  4. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  5. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  6. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」
  7. NHK「全日本大失敗選手権大会」放送中に大誤報「台風10号 大阪 滋賀 三重で9人死亡」←昨年のテロップを誤って使用
  8. 中学のテストに旭日旗「世界に見せたれ!日本人のど根性」→校長「不適切な図が載っていたので回収する。迷惑をかけて申し訳ない」
  9. 器物損壊の日本共産党市議に辞職要求→本人「やめる必要はない」「違法駐車のミラーだ、謝罪はしない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP