【モリカケブッカケ問題】サドルに体液をかけた共産党元議員、10代女性への強制わいせつ容疑で再逮捕


共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!

県警長野中央署は21日、日本共産党の元長野市議を強制わいせつの容疑で逮捕した。逮捕容疑は4月19日午後7時40分ごろ、市内の路上で、通行中の10代の女性の身体を触るなどしたとしている。
この容疑者は1月30日午後11時50分ごろ、長野県内の住宅敷地に駐輪していた住民の自転車のサドルに体液を付けた器物損壊容疑でも逮捕され、21日に起訴されており再逮捕となる。
出典:サドルに体液で起訴の元長野市議、強制わいせつ容疑でも再逮捕 路上で10代女性の身体触る- 産経ニュース
参考:モリ、カケ、ブッカケ問題で共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!

スポンサーリンク

共産党幹部は責任を取るのか?

これまでも日本共産党の地方議員が飲酒運転で逮捕されるなどの不祥事があったが、共産党の体質として都合の悪いことはすべて地区委員会に押し付けてきた。
参考:共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

しかし、現職議員(犯行当時)が自転車のサドルに体液をかけて逮捕され、さらに強制わいせつ容疑でも再逮捕されたとあっては日本共産党の中央委員会が対応するべきだろう。
財務省のセクハラ問題では麻生大臣の辞任を強硬に求め、国会議員らが喪服を着て財務省に押しかける騒動まで起こしている。今回の強制わいせつ容疑は紛れもなく「#MeToo」案件であり、これを無視することは筋が通らない。
野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に

野党は立憲民主党の初鹿明博議員の強制わいせつ疑惑、青山雅幸議員のセクハラ問題については誰も言及することなく政権批判に利用できそうな案件だけには鼻息が荒くなる。
野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に
参考:野党が沈黙!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に

サドルに体液をかける変態行為に、10代女性の体を触る強制わいせつ容疑、これらまでも無視して何が#MeTooだ。

関連:モリ、カケ、ブッカケ問題で共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
関連:朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」東京新聞・望月衣塑子の質問「森友ですが、加計理事長の会見ですけど」勝手にモリカケ学園セットを始める

ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」ウーマン村本さん「運転手にタクシー強盗の手配書に目元が似てると言われた」嘘くさいネタにツッコミ殺到





最近の記事

  1. 朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました
  2. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  3. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  4. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  5. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  6. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  7. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  8. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  9. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  10. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP