【祝】ネットギークが左翼に転向!田中龍作が被災住民を装い隠し撮りした印象操作写真を絶賛してしまう


【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛

ネットギークが田中龍作に釣られた記事

自称・バイラルメディアのネットギークがまたやらかした。
先日、フリージャーナリストの田中龍作が、安倍批判目的で被災住民に成りすまし避難所に潜入、その際に隠し撮りした写真を記事にして絶賛しているのだ。

記事内で使っている写真は左翼ご用達の田中龍作が無断で撮影、それを安倍批判のツイッターアカウントが「自分を撮って欲しいという事しか頭に無い歪んだ自己愛性者」として拡散したものだ。

マスコミがステージ上にいる理由は、被災者に迷惑をかけないため。官邸側の指示と思われ田中龍作も佐伯秘書官からステージ上に誘導されたが被災者に成りすまして逆方向から隠し撮りしているのだ。

スポンサーリンク

写真が撮られた経緯

ネットギークは自分が使っている写真の出元も撮られた経緯も調べず、まんまと左翼ジャーナリストの罠にかかっているのだ。
前述のとおり、避難所に安倍首相が訪問したことで多くのマスコミが殺到するのは当然であり予想できたこと。避難中の住民に迷惑をかけないようにスコミはステージ上からの撮影とされた。安倍首相に随行した佐伯秘書官もマスコミと思われる人間には声をかけステージ上に誘導している。
しかし、マナーもモラルもない田中龍作はカメラを隠しながら他のメディアとは逆アングルでステージ上のマスコミを隠し撮りし、その様子を「安倍のヤラセ」として記事にしたのだ。

田中龍作はその後も被災住民に成りすまし、玄関で安倍首相を待ち伏せ不意打ちの取材を試みている。このような悪質な取材方法で撮影し、安倍首相を貶めただけでなく「見つかったら記者クラブが当局にチクるから住民を装い息をひそめた」などと事実に反する妄言を吐いているのだ。随行の佐伯秘書官は田中龍作にもステージ上からの取材を勧めており、フリーが排除されたという事実はない。
参考:最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する

こんな腐った写真にネットギークは「マスコミがー!」と飛びついたわけだ。田中龍作の目的のひとつ、記者クラブメディアを不当に貶めて支援者を募り自分の口座にカンパ金を振り込ませる商売に協力してしまっているのだ。
どうせネットギークは嘘とパクリでしか記事を書けないので、今後はアベガー左翼にどんどん利用されて落ちていけばいいんじゃないかな?

関連:泉放送製作に関するフェイクニュース問題、ネットギークが記事削除→自民・長尾議員の謝罪の余波か?
関連:検証!朝日新聞は愛媛県文書問題で「首相動静ー2月25日」を削除したのか?勘違いと悪質な改ざんが発端

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!

社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説えっ!?韓国より日本で熱中症が多い原因「被曝被害がすすんで体が弱くなっている」増山麗奈が分析





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP