石破茂「岸田派を干せ?何ですかこの自民党は」情報源は毎日新聞の妄想記事、それを垂れ流すのが朝日新聞


石破茂の情報源は毎日新聞の妄想記事「岸田派を干せ?何ですかこの自民党は」それを鵜呑みにする朝日新聞

東京都内で開かれたパーティーで、自民党の石破茂元幹事長が行ったスピーチが話題となっている。

 新聞報道でしか私は存じませんが「今さら何だ」「扉が閉まる前に駆け込んだのか」「岸田派なんて人事で徹底的に干せ」、何ですか、この自民党は。すべて自民党の同志です。一部の人たちのために自民党はあるのではない。
出典:石破氏「『岸田派を干せ』とは何ですか、自民党は」:朝日新聞デジタル

これは朝日新聞デジタルに掲載された発言録であるが、石破氏が言う「新聞報道」とはどこなのか?
調べてみると、毎日新聞の7月26日東京朝刊で掲載された記事のことであることが判明した。
2018自民党総裁選:岸田氏不出馬 派閥分裂回避に腐心 – 毎日新聞
しかし、読んでみると「岸田派を干せ」という部分は、どこで誰が発言したのかも記されておらず、毎日新聞の妄想である可能性が高い。

スポンサーリンク

毎日・朝日・石破のフルコンボ

毎日新聞の記事によると「岸田派は干せばいい」という発言は”首相に近い議員”という信ぴょう性が疑われても仕方のない曖昧な肩書の人物によるもの。その一文の前に出てくる6月18日の安倍首相と岸田氏の会食には記者は立ち会ってないはずだが、まるでその場に記者が居たかのような書き方だ。

 岸田氏は6月18日夜、東京・赤坂の日本料理店で首相と会食し、ビールと日本酒を2時間以上くみかわした。岸田氏は主戦論と慎重論に割れる派内の状況を説明し、「まだ結論は出ていない」と伝えた。

踏み込まない岸田氏について、首相は周辺に「岸田氏は正直な人だな」と漏らして苦笑した。首相に近い議員は「首相支持をすぐに表明しないのなら岸田派は干せばいい」といらだった。
出典:2018自民党総裁選:岸田氏不出馬 派閥分裂回避に腐心 – 毎日新聞

記事全体は複数社が確認している首相の動静や、実際にあった講演での発言で構成されているが、最も刺激的な「岸田派を干せ」の部分は場所も発言者も明示されていない。

このような小説仕立ての記事を読んだ石破氏は、それを確認もせず鵜呑みにし、当日のパーティーで「岸田派を干せ、何ですか、この自民党は。」と自民党への不満をぶちまけてしまったのだ。
そしてその妄言を「発言録」として垂れ流したのが朝日新聞なのである。

毎日新聞の妄想記事を書く。
石破茂が読んで吠える。
朝日新聞が垂れ流す。

フルコンボが成立したということだ。

関連:石破茂と日本獣医師会顧問北村直人は自民党同期のお友達、新進党結党から復党まで同時期
関連:証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

音喜多駿「有権者にお金やビール券をばら撒く議員は珍しくない」公選法違反との突っ込み殺到音喜多駿「有権者にお金やビール券をばら撒く議員は珍しくない」公選法違反との突っ込み殺到

TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタにTBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに





最近の記事

  1. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  2. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  3. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  4. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  5. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  6. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  7. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  8. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  9. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  10. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP