国民民主・大西健介議員が交通反則金を政治資金「備品・消耗品費」で支出、スピード違反15~20キロ?


夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与

 国民民主党の大西健介衆院議員が代表を務めていた民進党愛知県第13区総支部が、昨年11月に事務所職員の交通違反の反則金12000円を「備品・消耗品」として政治資金から支出していたことが同支部の平成29年分の収支報告書から判明した。
参考:政治資金で交通反則金支出 国民民主の大西健介氏、愛知 – 産経ニュース

 大西事務所側は既に報告書を訂正しており、「経験の浅い担当者の判断で支出してしまった。会計責任者も気付かなかった」としているが、一部では政治資金収支報告書に記載するべきという、大西議員に同情的な意見もあるようだ。

スポンサーリンク

スピード違反は使用者責任か?

 日本維新の会・足立康史衆院議員は、このニュースに対して以下のようにツイートしている。

 一般的な感覚からすれば、原資が税金である政治資金からは支出して欲しくないと思うだろう。足立議員のツイートの真意は不明だが、考え方によっては事務所職員は業務中であり、大西事務所の「使用者責任」とも考えられる。しかし、反則金が12000円ということは「速度超過15~20キロ」か「しゃ断踏切立入り」と思われる。速度超過の可能性が高いが、これは業務中に起きた事故などで発生した損害を負担する「使用者責任」というには無理があるだろう。

 あえて擁護するなら、速度超過の15から20キロは国道などで他の車両速度に合わせて走行した場合でも起こりうる。これが業務で仕方なく走行中に発生した損害と解釈するなら本人負担ではなく、使用者である事務所側が負担することになるのだが、これを容認すると「スピード違反は不可抗力」という解釈になり倫理的な問題が発生する。

 やはり今回の反則金は政治資金で支出するべきではないだろう。

関連:夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
関連:ブーメラン直撃!片山大臣追及の国民民主・後藤祐一議員が政治資金で香典代77万円支出、収支報告書訂正

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

デタラメ!立憲民主・阿部知子議員、不信任決議案の対象者を理解しないまま賛成票を投じていた疑惑が浮上デタラメ!立憲民主・阿部知子議員、不信任決議案の対象者を理解しないまま賛成票を投じていた疑惑が浮上

読売主筆・ナベツネ死去はデマだった!ジャーナリスト田中稔は投稿を削除、菅野完「全く恥ずかしくない」読売主筆・ナベツネ死去はデマだった!ジャーナリスト田中稔は投稿を削除、菅野完「全く恥ずかしくない」





最近の記事

  1. 立憲民主党女性候補「インフルエンザウイルスの無毒化は紅茶が一番です」安定の反ワクチン、癌の自然治癒
  2. 自衛官の息子・野田佳彦「あなたのお父さんは人殺しを仕事にしてると言った教師、そういう雰囲気あった」
  3. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  4. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  5. 音声公開!韓国国会議長「天皇、戦争犯罪の主犯の息子」を否定するも、あっさりと録音を公開されてしまう
  6. 4年以上隠蔽か?立憲民主・西村智奈美議員の政治資金を横領した元職員を在宅起訴→横領発覚は2013年
  7. 立憲民主党女性候補「下着の画像やSNS妨害が続いている」←該当する嫌がらせが見つからないと話題に
  8. 韓国外交部「天皇謝罪発言への抗議は無かった」→外務省幹部「聞こえなかったことにしたいのだろう」
  9. 翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到
  10. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP