読売主筆・ナベツネ死去はデマだった!ジャーナリスト田中稔は投稿を削除、菅野完「全く恥ずかしくない」


読売主筆・ナベツネ死去はデマだった!ジャーナリスト田中稔は投稿を削除、菅野完「全く恥ずかしくない」

 読売新聞グループ本社の渡辺恒雄主筆が死去したという情報が17日以降ネット上で飛び交っていたが、巨人の山口寿一オーナーがこれを否定しデマであったことが判明した。

 山口オーナーが振り返るのは、16日のこと。渡辺主筆の容体に関する「デマが流れた」と言う。「亡くなったということもあり得ないし、危篤でさえない。事実とまったく違う方向の情報が流れた」
参考:渡辺主筆は「退院の準備」 巨人オーナー、容体デマ否定:朝日新聞デジタル

 ネット上で噂が流れた際は、ジャーナリストの田中稔氏のツイートがソースとなっていたが現在は削除され、お詫びも訂正もない。

スポンサーリンク

菅野完のメルマガに責任は?

 田中氏が17日にツイートした内容は削除されたが、現在もWEBアーカイブとして保存されている。

ジャーナリスト 田中稔 @minorucchu
昨晩、渡辺恒雄氏が亡くなったとみられる。読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報。
2018-11-17 09:35:30
読売主筆・ナベツネ死去はデマだった!ジャーナリスト田中稔は投稿を削除、菅野完「全く恥ずかしくない」

 このツイートが匿名掲示板5ちゃんねるに転載され、まとめサイトなどがこれを拡散していたが、そもそも訃報に際しては遺族の発表や意向を尊重しなければ、通夜や葬儀の手配中に取材が殺到したり、静かに死を悼むことを阻害する可能性がある。これを政権批判の材料にしている時点でジャーナリストとして大きな問題がある。これがデマであることが判明しても、削除したまま謝罪も訂正もしないことも同様に、ジャーナリストとしての姿勢に疑問を感じざるを得ない。

 一方で、この田中稔氏のツイートの前夜に著述家の菅野完氏がメルマガで流したのが発端として、同氏を責めるようなSNS投稿も多く見られる。しかし、巨人の山口オーナーの証言から推測すると、菅野氏が発信した際には既にマスコミ関係者の間で噂が流れていたように思える。また、菅野氏は不特定多数に流す内容ではないとしてメルマガ読者に限定していることや、裏どりができていない情報であることもツイッターで言及している。批判に対しては「うん。全く恥ずかしくないね。手続き論的に瑕疵のないことをしてるわけで。」と反論している。

 今回の件は、発信者の意図に反した二次的拡散から生じた問題も大きいようだ。当サイトとしても他山の石として、今後の発信内容には留意していきたい。

関連:あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与国民民主・大西健介議員が交通反則金を政治資金「備品・消耗品費」で支出、スピード違反15~20キロ?

NHKがネット同時配信でスマホから受信料徴収を画策か?たった59円インチキ臭プンプンの値下げを発表NHKがスマホから受信料徴収を画策か?ネット同時配信でたった59円のインチキ値下げプランを発表





最近の記事

  1. 立憲民主党女性候補「インフルエンザウイルスの無毒化は紅茶が一番です」安定の反ワクチン、癌の自然治癒
  2. 自衛官の息子・野田佳彦「あなたのお父さんは人殺しを仕事にしてると言った教師、そういう雰囲気あった」
  3. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  4. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  5. 音声公開!韓国国会議長「天皇、戦争犯罪の主犯の息子」を否定するも、あっさりと録音を公開されてしまう
  6. 4年以上隠蔽か?立憲民主・西村智奈美議員の政治資金を横領した元職員を在宅起訴→横領発覚は2013年
  7. 立憲民主党女性候補「下着の画像やSNS妨害が続いている」←該当する嫌がらせが見つからないと話題に
  8. 韓国外交部「天皇謝罪発言への抗議は無かった」→外務省幹部「聞こえなかったことにしたいのだろう」
  9. 翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到
  10. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP