東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」記者に要求


東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」産経に要求

 昨年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で危険なあおり運転の末に停車させられた夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷罪などに問われ横浜拘置支所に勾留中の石橋和歩被告(26)が、面会を求めた産経新聞の記者に対し金銭を要求するような手紙を送付していたことがわかった。

 手紙の内容全文(原文ママ)
 俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん
 それが無理なら諦めたがいいよ
 人のことネタにするのにタダで面会してもらうとか
 考え甘いばい

 便箋1枚に書かれた手紙は5行程度のもの。「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」(原文ママ)と金銭を要求しているような文章から始まり、取材については「人のことをネタにしている」との趣旨が書いてあった。
出典:「面会なら30万から」 東名あおり運転被告からの手紙 – 産経ニュース

スポンサーリンク

反省なし?悪態は変わらず

 これほど胸糞の悪いニュースも珍しい。

 この事件を巡っては、危険なあおり運転が社会問題化するきっかけとなり、ドライブレコーダーが一気に普及して通報や動画での問題提起が行われるようになった。それと同時に、この石橋被告の素行や虚偽の供述も話題となり、それによりエスカレートした批判が、関係のない会社や人物への誹謗中傷に発展するなどの問題も起こり多くの関心を集めた。

 そういった社会的批判や影響を知ってか知らずか、石橋被告は相変わらずのようだ。

関連:共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」

元・民主党の長島昭久「批判があるが、民主党政権時代にF-4戦闘機の後継としてF-35Aを選定した」元・民主党の長島昭久「批判があるが、民主党政権時代にF-4戦闘機の後継としてF-35Aを選定した」





最近の記事

  1. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  2. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  3. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  4. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  5. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  6. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  7. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  8. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  9. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  10. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP