東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」記者に要求


東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」産経に要求

 昨年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で危険なあおり運転の末に停車させられた夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷罪などに問われ横浜拘置支所に勾留中の石橋和歩被告(26)が、面会を求めた産経新聞の記者に対し金銭を要求するような手紙を送付していたことがわかった。

 手紙の内容全文(原文ママ)
 俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん
 それが無理なら諦めたがいいよ
 人のことネタにするのにタダで面会してもらうとか
 考え甘いばい

 便箋1枚に書かれた手紙は5行程度のもの。「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」(原文ママ)と金銭を要求しているような文章から始まり、取材については「人のことをネタにしている」との趣旨が書いてあった。
出典:「面会なら30万から」 東名あおり運転被告からの手紙 – 産経ニュース

スポンサーリンク

反省なし?悪態は変わらず

 これほど胸糞の悪いニュースも珍しい。

 この事件を巡っては、危険なあおり運転が社会問題化するきっかけとなり、ドライブレコーダーが一気に普及して通報や動画での問題提起が行われるようになった。それと同時に、この石橋被告の素行や虚偽の供述も話題となり、それによりエスカレートした批判が、関係のない会社や人物への誹謗中傷に発展するなどの問題も起こり多くの関心を集めた。

 そういった社会的批判や影響を知ってか知らずか、石橋被告は相変わらずのようだ。

関連:共産党議員が赤旗配達中に電柱激突!呼気からアルコール検出も逮捕はなし、苦手な右折でハンドル操作誤る

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」

元・民主党の長島昭久「批判があるが、民主党政権時代にF-4戦闘機の後継としてF-35Aを選定した」元・民主党の長島昭久「批判があるが、民主党政権時代にF-4戦闘機の後継としてF-35Aを選定した」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  2. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  3. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  4. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  5. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  6. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  7. 女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?
  8. 共産党公式アカ「党名変えてうまくいった政党ある?」安倍首相の「民主党の枝野さん」に怒る枝野代表に嫌味?
  9. 立憲民主党の候補(元朝日新聞記者)が朝日新聞の誤報で政権批判、指摘を受けても絶対に謝らない立憲スタイル
  10. 朝日新聞が朝刊一面で大誤報「ハンセン病家族訴訟、控訴へ」→政府は控訴断念、安倍首相「ご家族のご苦労を長引かせるわけにはいかない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP