中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」


中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」

 希望の党の中山恭子参院議員が、代表を務めていた日本のこころを離党した昨年9月25日、同日に設立した政治団体などに政党交付金約2億円を移動していたことが政治資金収支報告書から判明した。
 中山氏は昨年9月13日に日本のこころ代表に再任されたが、2週間も経たない25日には離党届を提出、小池都知事率いる希望の党への参加を表明した。この翌日に自身が代表を務めた「日本のこころ参議院比例第二支部」は解散したが、その前日に設立した政治団体「経綸の会」に政党交付金1億7千万円を寄付として移動している。

 昨年9月に日本のこころを離党した中山恭子参院議員が、自ら代表を務めていた党支部の解散前日、政党交付金約2億円を同じ日に設立した政治団体などに移していたことが30日に公開された昨年分の政治資金収支報告書などでわかった。党や党支部は解散したら交付金を国に返すよう法は定めている。直前に動かしても違法ではないが、中山氏はその後、希望の党に参加しており、識者は、法の趣旨に反する行為と指摘している。
出典:中山恭子氏、党支部解散の前日に交付金2億移動 : 社会 : 読売新聞

スポンサーリンク

旧民主系が繰り返す手法ではあるが

 法的に交付金の返還が必要となる党支部解散直前に資金を移動することは、旧民主党系の離合集散でも繰り返され問題視されている。民進党も中山氏が希望の党に参加した際と同時期に、立憲民主党や希望の党から衆院選に出馬する候補者個人に寄附という形で資金を移動させている。

 ただし、民進党の場合は同党が分裂する形でそれぞれが出馬しているのに対し、中山氏の場合は個人的な離党。参加した希望の党は保守を標榜していたが、構成するメンバーは政治的に対立していた元民進党議員が中心であった。これを「日本のこころ」で得た政党交付金を「希望の党」に移動したと考えれば倫理的に問題がある。

 この件に関し中山氏は「(会は)日本のこころの政治活動を引き継ぐことを目的に設立しており、その資金として支部から寄付を受けた」と説明している。
出典:中山恭子氏、党支部解散の前日に交付金2億移動 : 社会 : 読売新聞

 この中山氏の説明の通り、希望の党参加より前に「経綸塾」を立ち上げており、衆院選後も中山氏と日本のこころは連携して政治活動を行っている。
↓昨年11月のツイート

 確かに、日本のこころの政治活動を引き継いだとも言える内容だ。しかし、旧民主党系が繰り返す同様の手法を批判してきた保守層にとっては複雑なものがあるのも事実だろう。

関連:中山成彬氏の非礼投稿で中山恭子議員の呉竹会講演が断られる、首相応援の投稿削除も公認リストに名前なし
関連:速報!鈴木まりこが小沢・山本太郎の自由党から立候補、ビジネス右翼だった?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

鳩山由紀夫さん、呼ばれてないのに仙谷由人お別れ会に出席か?案内状に名前がなくマスコミも存在をスルー鳩山由紀夫さん、呼ばれてないのに仙谷由人お別れ会に出席か?案内状に名前がなくマスコミも存在をスルー

東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」産経に要求東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」記者に要求





最近の記事

  1. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  2. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  3. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  4. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  5. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  6. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  7. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  8. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  9. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  10. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP