中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」


中山恭子議員、日本のこころ支部解散前日に政党交付金2億円を移動→「日ころの政治活動を引き継ぐ目的」

 希望の党の中山恭子参院議員が、代表を務めていた日本のこころを離党した昨年9月25日、同日に設立した政治団体などに政党交付金約2億円を移動していたことが政治資金収支報告書から判明した。
 中山氏は昨年9月13日に日本のこころ代表に再任されたが、2週間も経たない25日には離党届を提出、小池都知事率いる希望の党への参加を表明した。この翌日に自身が代表を務めた「日本のこころ参議院比例第二支部」は解散したが、その前日に設立した政治団体「経綸の会」に政党交付金1億7千万円を寄付として移動している。

 昨年9月に日本のこころを離党した中山恭子参院議員が、自ら代表を務めていた党支部の解散前日、政党交付金約2億円を同じ日に設立した政治団体などに移していたことが30日に公開された昨年分の政治資金収支報告書などでわかった。党や党支部は解散したら交付金を国に返すよう法は定めている。直前に動かしても違法ではないが、中山氏はその後、希望の党に参加しており、識者は、法の趣旨に反する行為と指摘している。
出典:中山恭子氏、党支部解散の前日に交付金2億移動 : 社会 : 読売新聞

スポンサーリンク

旧民主系が繰り返す手法ではあるが

 法的に交付金の返還が必要となる党支部解散直前に資金を移動することは、旧民主党系の離合集散でも繰り返され問題視されている。民進党も中山氏が希望の党に参加した際と同時期に、立憲民主党や希望の党から衆院選に出馬する候補者個人に寄附という形で資金を移動させている。

 ただし、民進党の場合は同党が分裂する形でそれぞれが出馬しているのに対し、中山氏の場合は個人的な離党。参加した希望の党は保守を標榜していたが、構成するメンバーは政治的に対立していた元民進党議員が中心であった。これを「日本のこころ」で得た政党交付金を「希望の党」に移動したと考えれば倫理的に問題がある。

 この件に関し中山氏は「(会は)日本のこころの政治活動を引き継ぐことを目的に設立しており、その資金として支部から寄付を受けた」と説明している。
出典:中山恭子氏、党支部解散の前日に交付金2億移動 : 社会 : 読売新聞

 この中山氏の説明の通り、希望の党参加より前に「経綸塾」を立ち上げており、衆院選後も中山氏と日本のこころは連携して政治活動を行っている。
↓昨年11月のツイート

 確かに、日本のこころの政治活動を引き継いだとも言える内容だ。しかし、旧民主党系が繰り返す同様の手法を批判してきた保守層にとっては複雑なものがあるのも事実だろう。

関連:中山成彬氏の非礼投稿で中山恭子議員の呉竹会講演が断られる、首相応援の投稿削除も公認リストに名前なし
関連:速報!鈴木まりこが小沢・山本太郎の自由党から立候補、ビジネス右翼だった?

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

鳩山由紀夫さん、呼ばれてないのに仙谷由人お別れ会に出席か?案内状に名前がなくマスコミも存在をスルー鳩山由紀夫さん、呼ばれてないのに仙谷由人お別れ会に出席か?案内状に名前がなくマスコミも存在をスルー

東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」産経に要求東名あおり運転死亡事故の被告「面会は30万円からやないと受付とらんけん、考えが甘いばい」記者に要求





最近の記事

  1. 和田政宗議員「帰国の意思ないと発信させ世論誘導」拉致被害者情報のリーク元に警戒
  2. 共産党・志位委員長「前天皇は侵略戦争の最高責任者だ」韓国国会議長の発言に同調し安倍首相の謝罪を要求
  3. 足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」
  4. 独自取材!皇室に関する教育プリントを作成した教諭を叱責、報復人事か?生徒に無断で回収・廃棄した学校
  5. 岩手県知事「精神分析の対象」と安倍首相を中傷、議員時代にも田中真紀子に「虚言壁、精神分析の対象」
  6. 室井佑月が天皇謝罪発言に「安倍首相でもいいと言っている、聞いてみる余地はまだある」←ありません
  7. 元民主党の衆院議員が政権時代を「私にとっては悪夢である」「安倍総理の方が、この場合は一枚上手だ」
  8. マスコミの切り取りか?桜田五輪相「池江選手、がっかり」発言の全文を確認せず追及する野党に問題は?
  9. 音声公開!韓国国会議長「天皇、戦争犯罪の主犯の息子」を否定するも、あっさりと録音を公開されてしまう
  10. 志位和夫と有田芳生がツイッター社に陰謀論を吹っ掛ける「首相との国会質問のリツイートが減っている!」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP