中国「防衛大綱は中国の脅威を煽る」→長島昭久議員が反論「中国の軍拡路線が日本の警戒感を煽っている」


長島昭久議員「軍事力を誇示し尖閣領海に侵犯を繰り返す中国の警戒感を煽るのか?」防衛大綱批判に反論

防衛副大臣時代の長島議員 公式HPより

 未来日本(会派)の長島昭久議員は19日、社会学者の木下ちがや氏からツイッターで「負のスパイラルを止めるのが政治と外交の仕事」と中国の軍拡と日本の新しい防衛大綱を同列視するような引用RTを受けたことに「因果関係がまるで逆」と反論した。

木下「日本の軍拡が中国の警戒感を煽り、中国の軍拡が日本の警戒感を煽るという負のスパイラルを止めるのが、政治と外交の仕事です。」

長島「果関係が、まるで逆なのでは。専守防衛で攻撃兵器も保有せず中途半端な自衛権しか行使できない日本が、どうやって域内では米国と肩を並べるような軍事力を誇示し、尖閣領海に侵犯を繰り返し、南シナ海に人口の軍事要塞諸島を拡大する中国の警戒感を煽るのでしょうか?」

スポンサーリンク

両氏のやりとりと経緯

 事の発端は、中国が「「防衛大綱は中国の脅威をあおっている」と日本政府に抗議したというNHKニュースを長島議員が引用し「私には、中国の軍拡路線が日本の警戒感を煽っていると映りますが。」とツイートしたことのようだ。

 これに対して木下ちがや氏は「日本の軍拡が中国の警戒感を煽り、中国の軍拡が日本の警戒感を煽るという負のスパイラル」と長島議員宛に公式引用RTを行う。

 長島議員は「日本の軍拡」が先にあって「中国の軍拡」が始まったような書き方に「因果関係が逆」と、中国の領海侵犯など具体例を挙げ反論をする。

 これに対して木下氏は「まるで逆」であったことを認めるが、台湾のひまわり学生運動、香港反政府デモ、韓国のろうそく革命を例に挙げ「対抗的民主主義のパワー」で中国の軍拡に対抗するという意味不明な夢を語りだしている。

 そもそも、中国の軍拡を止めることにとらわれて有事の際の国土防衛がすっ飛んでいる。中国の軍拡がアメリカを意識したものであっても、日本は高みの見物をできるような位置ではない。また、日本とは反対側で中国に隣接する国や民族がどんな目に遭っているかを直視するべきだろう。

関連:長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
関連:デマ!木下ちがや「中川郁子候補が土下座プレイ」←亡き夫、中川昭一を想い思わず土下座した5年前の写真

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

自称イケメンの勝部元気さん「フエラムネのオマケにおとこの子用と書いてあったのでメーカーに抗議した」自称イケメンの勝部元気さん「フエラムネのオマケにおとこの子用と書いてあったのでメーカーに抗議した」

NHKが反論「虚偽の記述が随所に見られる」NHK元記者「森友報道で上層部が介入」と証言し書籍化NHKが反論「虚偽の記述が随所に見られる」NHK元記者「森友報道で上層部が介入」と証言し書籍化




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる
  2. 東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」
  3. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
  4. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  5. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  6. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  7. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  8. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  9. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  10. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP