NHKが反論「虚偽の記述が随所に見られる」NHK元記者「森友報道で上層部が介入」と証言し書籍化


NHKが反論「虚偽の記述が随所に見られる」NHK元記者「森友報道で上層部が介入」と証言し書籍化

 NHK大阪放送局の記者だった相沢冬樹氏(現・大阪日日新聞論説委員)が、森友学園問題のスクープにNHK上層部が介入し書き直しなどを命じられ、その後に記者職を外されたとしてNHKの内部事情などを書いたノンフィクション「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」の記述内容に虚偽があるとして、NHKの山内昌彦・編成局計画管理部長は19日の定例会見で反論し「必要に応じて対応を検討する」と述べた。

 本の内容についてNHKの山内昌彦・編成局計画管理部長は19日の定例会見で「主要な部分において虚偽の記述が随所に見られる上、未放送原稿を規則に反して持ち出し、加工した上で(本の中で)公表もしており、極めて遺憾だ」などと述べた。記者が守るべきルールを逸脱しているとし、「必要に応じて対応を検討する」という。「虚偽の記述」が何を指すのかについては「取材や制作に関することに関しては、お答えできない」とした。NHK広報局は「ニュースや番組については、報道機関としての自律的な編集判断に基づいて放送しており、報道局長の意向で報道内容を恣意(しい)的に歪(ゆが)めた事実はありません」としている。
出典:NHK元記者「森友報道で上層部が介入」 局側は反論:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

結局、安倍官邸に繋がる証拠なし

 相沢冬樹氏の著書「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」はアマゾンでもベストセラーとなり現在までに7万部を発行しているという。

安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由

 相沢氏のこれまでの証言で、報道原稿を巡り記者と報道局長の対立があったことは事実のようだが、これを「安倍官邸」と結び付けるような証拠もなく、同氏がNHKを離れ大阪日日新聞に転職しても安倍総理へ繋がる証拠は示されていない。証拠が示せないまま「安倍官邸が」と報道しようとすればNHKの報道局長がストップをかけるのは当然のようにも思える。
 記者職を続けるために大阪日日新聞に転職したのならば、NHKでは叶わなかった報道を存分にすればよいと思うのだが、現在のところ現状を変えるようなスクープも出ていない。それで「安倍官邸vs.NHK」というセンセーショナルなタイトルで書籍化するのも記者として如何なものかと。

関連:NHKも改ざん?「麻生財務相と森友の口裏合わせを大阪地検が調べている」記事を書き換え無かったことに
関連:朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

長島昭久議員「軍事力を誇示し尖閣領海に侵犯を繰り返す中国の警戒感を煽るのか?」防衛大綱批判に反論中国「防衛大綱は中国の脅威を煽る」→長島昭久議員が反論「中国の軍拡路線が日本の警戒感を煽っている」

説明責任は?立憲民主・末松義則衆院議員、韓国徴用工批判で公認辞退した候補をこっそり推薦していた!説明責任は?立憲民主・末松義規衆院議員、韓国徴用工批判で公認辞退した候補をこっそり推薦していた!





最近の記事

  1. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  2. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  3. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  4. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  5. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  6. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  7. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める
  8. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  9. 【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」
  10. 立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP