ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・


ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・

 動画共有サービスのユーチューブ(YouTube)が危険な悪ふざけ動画を禁止する規定を明確化した。どの程度の「悪ふざけ」でアカウント停止などの措置が取られるかは不明だが、悪ふざけで注目を浴びようという人気配信者はこれで規制されるのだろうか?

【1月16日 AFP】動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は15日、洗濯せっけんを食べたり、目隠しをした状態で運転したりするといった危険な悪ふざけ動画を禁止する規定を明確化した。視聴者がこうした動画によって、自分も危険な「チャレンジ」をする様子を自撮りしようと駆り立てられているためだ。

 ユーチューブはすでに、重大な危害を招くような危険行為に視聴者を駆り立てるコンテンツを禁止していた。
出典:ユーチューブ、危険な悪ふざけ動画の禁止規定を明確化 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

スポンサーリンク

死を招く行為が明確化

 危険な悪ふざけと言っても程度によると思うが、基本的に「身体損傷を招く恐れがある悪ふざけ」とされているので、単純にふざけただけでは規約には抵触しないようだ。しかし、新たに追加された禁止行為に「人をだまして強盗のふりをしたり、走行中の車から発砲するふりをしたりするドッキリ系」が追加されているのは、既存の人気配信者にも適用される可能性がある。

 おそらく「ドッキリ系」では、公衆で騒ぎを起こしたりすることで事故を誘発する恐れがあるなど、やはり「身体損傷を招く恐れ」に関する行為と同様の判断がされる。ただし、明確化されたといえ解釈の問題は生じるものと思われ、単に「びっくりして怪我をする、転倒する」という事まで想定するなら広範に渡って規制される可能性がある。
 また「ドカ食い」「昆虫ゼリー食べてみた」などの体調の悪化は「身体損傷」に該当するのかも気になるところ。少なくとも昆虫ゼリーなどは一般的に食しても無害とされているが、食用以外の基準で中国などから輸入される商品がほとんどで、個包装が厳密ではないものは「カビ」が発生したり、昆虫の食いつきが良いとされるヨーグルト風味(乳酸系)などは傷みやすい。
参考:昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。

 基本的にバラエティー系は「悪ふざけ」の要素が強いが、身体損傷の危険性をどこまで認めるかは、誰かが”人柱”になるしかなさそうだ。

関連:デマ検証→「BBC制作の伊藤詩織『日本の秘められた恥』がYoutubeから削除されるこの国の異常」
関連:【朗報】アニメ『ONE PIECE』エピソードオブシリーズ9作品を無料配信中!放送20周年記念企画

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正

【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中





最近の記事

  1. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  2. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  3. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  4. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  5. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  6. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  7. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  8. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  9. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  10. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP