高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正


高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正

 高須クリニックの高須克弥院長は15日、沖縄県を訪問し原口一博議員らと辺野古の海を視察したが、その様子を記事にしたフリージャーナリストの田中龍作が「警備員ががなり立てた」「高須氏は過剰な警備に手を振って嘲笑する余裕」と表現していることに対し、高須院長と原口議員がそろってその記述内容を否定している。


警備の警告は動画に収められている

 高須院長らが乗るグラスボートに警告が行われた様子は、ご本人がツイッターに投稿している。特に「がなり立てる」といった感じではなく穏やかである。


 また、これを高須院長が嘲笑したということもなく、原口議員は「ニコニコと仕事ですからねと」とその様子を伝えている。

 これを田中龍作は以下のように記述しているのだ。

一艘のグラスボートに何隻もの警備船(海のアルソック)が群がった。警備員たちはスピーカーで「ここは臨時制限水域です、速やかに退出して下さい」と がなり立てた 。高須氏は過剰な警備に手を振って嘲笑する余裕だった。
出典:高須クリニック院長が辺野古視察「サンゴは移植できるものじゃない」

 原口議員から指摘を受けた田中龍作は「嘲笑した」という部分は自身のブログから削除したが「がなり立てた」という部分は訂正をしていない。高須院長の投稿動画でも確認できるように、警備船はおだやかに警告しているが、どうしても“過剰警備”を演出したいのだろう。

 以前から、その取材方法や内容の信ぴょう性が指摘される田中龍作であるが、いつまでこのような恣意的な印象操作を繰り返すつもりなのだろうか?

関連:最悪の取材方法!田中龍作が被災地住民を装って避難所に潜入、訪問の安倍首相を待ち伏せして直撃する
関連:田中龍作さん難民の取材で自分が難民に!金も無いのにバングラデシュへ渡航!現地から必死にカンパの訴え

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」長島昭久議員「お、お、おま・・・!」→カナダ人死刑判決を批判された中国「カナダは法治の精神欠ける」

ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP