静岡新聞「福島瑞穂は実妹が北朝鮮に生存している」→本人からの抗議で謝罪・訂正記事を掲載


遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!

 静岡新聞が6日朝刊で掲載した屋山太郎氏のコラムで、福島瑞穂参院議員の実の妹が北朝鮮に生存しているという記述があり、本人からの抗議を受け同社は9日付けで謝罪と訂正の記事を掲載した。

 訂正が載ったのは静岡新聞2019年2月9日付朝刊の2面。ページ下部の1段に、

「6日付朝刊2面論壇『ギクシャクし続ける日韓関係』で、『徴用工に賠償金を払えということになっているが、この訴訟を日本で取り上げさせたのは福島瑞穂議員』『福島氏は実妹が北朝鮮に生存している』とあるのは、いずれも事実ではありませんでした。おわびして訂正します」

と短く書かれている。

問題となった6日朝刊のコラム「論壇」は政治評論家の屋山太郎氏(86)が寄せたもので、2面の右上に掲載された。1200文字ほどのボリュームがあり、後段では慰安婦問題を取り上げた後、

「徴用工に賠償金を払えということになっているが、この訴訟を日本で取り上げさせたのは福島瑞穂議員。日本では敗訴したが韓国では勝った。福島氏は実妹が北朝鮮に生存している。政争の具に使うのは反則だ」

と、福島氏の名前をあげて断定調で批判的に論じていた。
出典:福島瑞穂氏めぐり静岡新聞が訂正・謝罪 コラムで「実妹が北朝鮮に生存」→「事実でなかった」 : J-CASTニュース

スポンサーリンク

ミスではなく故意が疑われる

 静岡新聞はJ-CASTニュースの取材に対し「チェック漏れ」と説明しているが、これはあり得ない。現職国会議員で、かつては大臣を務めた福島瑞穂氏の実の妹が北朝鮮に生存しているというセンセーショナルな記述をどうやって見逃すというのか?掲載に至るまでに複数人の目に留まり疑問視していたはずだ。

 本来は執筆者の屋山太郎氏に事実確認を行い出典を求めるはずが、それが屋山氏の自論である注釈もなく掲載されたのは、それこそ「忖度」であろう。大物政治評論家を相手に編集部が臆したのだ。

 本人からの抗議であっさりと非を認め訂正するくらいなら、最初から屋山氏と協議しておくべきだった。どうしてそれができなかったのかを説明して反省しなければ、また同じことを繰り返すだろう。

関連:福島瑞穂議員が国会で暴言!外国人技能実習生を「奴隷制」と断定する発言、理事会で議事録削除を検討
関連:福島みずほ「セクハラを容認しない麻生大臣を罷免しろ」安倍総理にセクハラを強く要求

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

和田政宗議員「帰国の意思ないと発信させ世論誘導」拉致被害者情報のリーク元に警戒和田政宗議員「帰国の意思ないと発信させ世論誘導」拉致被害者情報のリーク元に警戒

翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到





最近の記事

  1. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  2. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  3. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  4. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  5. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  6. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  7. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  8. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  9. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める
  10. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP