台湾・蔡英文総統が日本語でツイート「必要があれば世界に向けて明言、中国に誤解させてはいけません」

台湾・蔡英文総統が日本語でツイート「必要があれば世界に向けて明言、中国に誤解させてはいけません」

 台湾の蔡英文総統が日本語で連続ツイートを行い話題となっている。
 蔡総統は2日の午後4時ころ、産経新聞のインタビュー記事を引用しながら、TPPへの参加や中国からのサイバー攻撃について4回に渡り投稿している。


大阪地震で日本語のお見舞い

 蔡総統が日本語でツイートするのはこれが初めてではない。
 2018年2月に台湾東部で発生した地震に際し、安倍首相が「台湾加油」と直筆メッセージを添付したツイートを行ったことに対し、蔡総統は「まさかの時の友は真の友」と返信している。

 また、同年6月に発生した大阪地震に際しては、蔡総統から日本語でのお見舞いのメッセージが安倍首相のアカウントに送られている。

 対中国共産党というテーマだけではなく、こうした人と人の信頼関係が両国にはあるのだ。

関連:台湾民進党からクレーム「台湾の民進党は国民党から弾圧を受けた!事もあろうに民進党から国民党とは!」
関連:増山麗奈「ビビアンリーと同じ台湾原住民の女優さんと写真撮ったで」←それリーやない、ビビアン・スーや


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で