報ステ、大阪W選「突然の辞任、自民が候補立てられない」数日後「候補を用意してない自民の準備不足!」

マスコミ・報道

報ステ、大阪W選「突然の辞任、自民が候補立てられない」数日後「候補を用意してない自民の準備不足!」

 大阪府の松井一郎知事と大阪市の吉村洋文市長の辞任に伴う選挙に関し、7日の報道ステーション(テレビ朝日)で後藤謙次氏は「突然の辞任ですから、自民党を含めた他の党は候補者を立てにくい、ルール違反だ」と批判したが、数日後の11日放送では後藤氏が「11月には通常の知事選が行われる、この時点である程度絞り込んでいないと。その点で自民党は準備不足だ」と全く逆のことを言っている。


維新も自民も嫌いな後藤氏

 こういった真逆の言説を展開してしまう要因のひとつに、後藤氏の"維新も自民も批判したい"という願望がある。松井知事と吉村市長が辞任した時には、維新の手法を批判するために「突然の辞任で候補者が間に合わない」と述べ、その数日後に自民が辰巳琢郎氏の擁立に失敗したことを受けて「準備不足」と批判をしているのだ。

 事実関係からすると、松井知事と吉村市長が辞任するという話は昨年末から出ている。ダブル選を回避する動きもあったが、自民党や他の党に準備する期間は十分にあった。11月の知事選に向けて候補者を決めているのが普通だとは思えないが、昨年から知事と市長が辞任の可能性を示唆していたのだから、現時点で候補者の選定はしておかなければならない。

 そういった事実関係を無視して、松井知事と吉村市長が「突然辞任した」と強調しているのだ。日頃から自民党を徹底的に叩いている後藤氏だが、維新がクローズアップされたことで、維新も叩いてやろうと思ったのではないか?
 信用ならないコメンテーターだ。

関連:高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール
関連:報ステ富川アナ「尖閣諸島の近くに空母が待機すると中国を刺激する」中丸記者「日本は守る側ですから」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で