共産党アニメが怖い!蹴り飛ばして強制的に共産党へ投票させる、PayPayやZOZOを「当たらない」


共産党アニメが怖い!蹴り飛ばされ強制的に共産党へ投票させる、PayPayやZOZOを「当たらない」

 日本共産党の短編アニメ「JCPwebANIME」が第1回からヤバい。
 言い訳程度に伏字を使っているが、民業であるスマホ決済アプリ「PayPay」とファッション通販サイト「ZOZOTOWN」をほぼ名指しする形で「P●yP●yの全額キャッシュバック企画、今日も全然当たらないなあー」「Z●Z●の百万DMも当たらなかったしよー」と主人公らしきキャラがぼやいている。
 最終的には主人公は強制的に投票所へ連れていかれ、共産党に投票するように勧められるというブラックすぎるプロパガンダアニメだ。


強制投票に民業批判のプロパガンダ

 公党のPR動画で民間企業を揶揄するのはどう考えても適切ではない。批判する意図が無かったとしても、架空の会社などを設定するのが通例だ。
 動画のテーマが「給与・賃金」であることから、まるで名指しされた2社が現政権のガス抜きを担っているかのような誤解を与えるものであり、共産党お得意の企業=悪というプロパガンダとも思える。

 また、賃金が上がらないことを強調し「こんな社会に怒ろうぜ!」と煽り、主人公がSNSで「おかしい、ゆるさん」と投稿すると「オモテにでろ現代っ子め!」と蹴り飛ばされ強制的に選挙に連れ出され、共産党に投票させるという気味の悪いストーリーになっている。

 このアニメを見た感想は・・・

「気をつけよう甘い言葉と共産党」

 それしかありません。

関連:暴露!日本共産党の「工作指示書」が発掘される!役所内で人事異動情報を事前入手する工作活動などの実態
関連:動画!足立康史議員「共産党は国と皇室を破壊する」小池書記局長の「維新の都構想は自治体を破壊」に反論

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

和田政宗議員が暴露「官邸前デモ新聞労連・南彰委員長は「安倍晋三記念小学校」拡散報道の張本人」和田政宗議員が暴露「官邸前デモ新聞労連・南彰委員長は「安倍晋三記念小学校」拡散報道の張本人」

愛護団体急げ!立憲民主党議員「飼い猫の肉が露出、一応手当してみたが全く動かない」病院に連れていけ!動物虐待!立憲民主党議員「飼い猫の肉が露出、一応手当してみたが全く動かない」病院に連れていけ!

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP