暴露!日本共産党の「工作指示書」が発掘される!役所内で人事異動情報を事前入手する工作活動などの実態


暴露!日本共産党の「工作指示書」が発掘される!役所内で人事異動情報を事前入手する工作活動などの実態

 日本共産党が役所などの人事異動情報などを事前に入手し、役所内での赤旗勧誘をする工作を指示する書類が見つかった。元共産党員の松崎いたる板橋区議が書棚を整理中に発見し公開したものだ。

 書類は工作指示書とみられ「管理職異動工作について」「継続工作」「拡大工作」「移動名簿をできるだけ早く入手できるように要請する」など、役所内での生々しい赤旗勧誘の実態が見て取れる。
暴露!日本共産党の「工作指示書」が発掘される!役所内で人事異動情報を事前入手する工作活動などの実態


自衛隊勧誘はダメで赤旗勧誘は許される

 役所内で管理職などになった際に、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の購読を勧誘され応じるのが慣習となっていることは以前から問題視され、一部の自治体では役所内での勧誘を禁止する動きもある。

 松崎区議によると毎年、年度末になると人事異動の情報を発表前に入手して赤旗購読勧誘に利用しているという。これでよく自衛隊募集の名簿提出を批判できたものだ。

 文書内の記号や単語の読み方は以下、

 自衛隊勧誘のための適齢者名簿提出には反対しておいて、共産党は人事異動名簿や移動先電話番号などを入手して管理する。とてつもないダブルスタンダードだ。書類の記述方法や単語も民主主義国家の政党とは思えず、日本共産党の気味悪さが滲み出ている。

関連:公選法違反?共産党市議が「本番リハーサル」と称し事前運動か、過去には北朝鮮親善の集いで女性と腕組み
関連:不祥事!共産党市議が生活保護希望者の顔写真をSNSに投稿「近々、党にお誘いするお約束」批判受け削除

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

深夜国会の職員残業代が約1800万円、維新の会が公表「不信任案で長引かせる慣習を断ち切らないと」深夜国会の職員残業代が約1800万円、維新の会が公表「不信任案で長引かせる慣習を断ち切らないと」

【動画】公安調査庁「共産党は殺人などを行った疑いがある団体」足立康史議員の質問にあらためて見解示す【動画】公安調査庁「共産党は殺人などを行った疑いがある団体」足立康史議員の質問にあらためて見解示す

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP