無賃駐車疑惑の共産党候補、公選法違反の「祝勝会」開催!投稿削除で隠蔽するも身内が暴露「やっていた」


公選法違反!無賃駐車疑惑の共産党候補「祝勝会を行います」違反と指摘され投稿削除→身内「やっていた」

 選挙カーをコインパーキングに駐車した際、ロックプレート手前で停車して一時的に料金を免れていたことを指摘された日本共産党の野垣あきこ氏が、21日投開票の杉並区議会議員選挙で初当選した。
 当選をツイッターで報告した野垣氏は「選挙事務所で祝勝会を行います」と投稿していたが、公職選挙法では選挙後に当選祝賀会その他の集会を開催することを禁じている。


 野垣氏は投稿を削除して指摘にも答えていないが、祝勝会は中止にはならず実際に行われていたようだ。身内にその様子を暴露されている。

身内が祝勝会の様子を暴露

 野垣氏は慌てて投稿を削除したようだが、共産党支持者とみられるアカウントが「野垣あきこさん、事務所の二階で祝勝会をやっていた。地元の支援者の人たちと喜びあっている中でいきなり一言スピーチやらされましたw」と実際に祝勝会が行われていたことを明かしている。

 公選法違反との指摘を受けて投稿を削除し、違反の認識があったにもかかわらず祝勝会を開催しているのだ。公選法で当選後の「あいさつ行為」が禁止されているのは常識であり、その中でも祝勝会の開催は極めて悪質な例である。

 日本共産党の公選法違反はあらゆる形で常態化しているようだが、こういった露骨なケースは警察がしっかりと摘発するべきだ。

関連:【共産党】選挙カー無賃駐車問題で虚偽の説明?→投稿者が反論「嘘が酷いのでもう全部書こうと思います」
関連:【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿

自称無所属の共産党・宮本岳志さん、補選惨敗で供託金没収→落選から4時間後「引き続き寄付をお願い」自称無所属の共産党・宮本岳志さん、補選惨敗で供託金没収→落選から4時間後「引き続き寄付をお願い」

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP