ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に


ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に

米議会による販売制限措置の合憲性を問い米政府を提訴(3月7日)

 IT系ニュースサイト「TechCrunch」によると、Googleが中国企業「Huawei(ファーウェイ)」へのサポートを終了し、今後発売される端末では中国国外では最新のAndroid OSだけでなくGoogle Play StoreやGmail、YouTubeなどへもアクセスできなくなるようだ。トランプ政権の制裁で窮地に追い込まれたファーウェイは、国外向けの市場でさらなる打撃を受けることになる。

米国時間5月20日のReuters(ロイター)の報道によれば、Googleは脱ファーウェイに向けて措置を取り始めたという。事情に通じた情報源が5月19日にロイターに語ったところでは、Googleはオープンソースライセンスでカバーされる部分を除き、ファーウェイへのハード、ソフトのサポートを停止した。これによりAndroidのアップデートの提供はすでに停止された。Android OSそのものはオープンソースなので利用できるが、Googleからのサポートはなくなる。
(中略)
【Japan編集部追記】記事内で引用されているロイターの報道によれば、「ファーウェイがこれから発売するスマートフォンは、中国国外では最新のAndroid OSだけでなくGoogle Play StoreやGmail、YouTubeなどへもアクセスできなくなる」とのこと。
出典:Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ | TechCrunch Japan

場合によってはファーウェイ完全終了

 この報道だけでは影響範囲は憶測でしかないが、アプリのサポート・提供終了だけでなくGoogle Play Storeへのアクセスまで遮断されれば他の代替アプリの入手も困難となる。Androidに関してはストア以外からのアプリ入手が容易であるが、そのAndroidのサポートもなくなれば端末としての終了は時間の問題だ。

 中国国内では共産党による情報規制が厳しく、もとから共産党の息のかかった中国製のサービスが主流となっているが、海外での販売においては致命的なマイナス要素となるだろう。

 無論、ファーウェイが何も対抗措置を取らないわけはないだろうが、稼ぎ頭のスマホに中国製のOSとアプリを適用してシェアを維持できるとも思えない。ここにフェイスブックなどが追随すればブラウザでの利用にも影響を及ぼし、まさに「完全終了」となることは必至だ。

関連:日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ
関連:ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用

毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP