食道がん手術の鈴木宗男について、妻「心拍数なし」→娘・たかこ「はっ?やばいじゃん」→母「間違えた、心配なし」


食道がん手術の鈴木宗男の妻「心拍数なし」→娘・たかこ議員「はっ?やばいじゃん」→母「間違えた、心配なし」

 27日に食道がんの手術を受けた新党大地代表の鈴木宗男元衆院議員について、当日に病院に行けなかった娘の鈴木たかこ衆院議員は母親から「心拍数なし」とLINEで報告を受けたようだ。しかし、これは単なる打ち間違いだったようで鈴木たかこ議員は「心臓が止まるかと思いました」として以下のようなやりとりを公開している。

本日午前、父が食道がんの手術をうけました。

“心拍がない”と母から。
私の心臓が止まるかと思いました。

いや、
どうやったらこんな大事なやりとりで変換間違いするかな!

しかも、“心拍がない”と“心配がない”って、
おいっ!!!!!!

鈴木 たかこさんの投稿 2019年5月27日月曜日

スポンサーリンク

手術は無事終了、本人が報告

 どうやら鈴木議員の母親が「心配なし」を「心拍数なし」と打ち間違えたようだが、こういうやりとりも公開して笑いに変えるこの家族のバイタリティは凄い。

 鈴木宗男氏の手術は無事終了しており、本人がブログで報告している。

 昨日9時から手術。13時頃、気が付いたら病室のベッドの上だった。
 14時、お医者さんから説明があり、約3cm切除し、取ったものを調べて、転移の可能性があるのかどうか、どのような治療が良いのか検討していくとの事だった。
 無事、手術が済みホッとした次第だ。
出典:5月28日(火) | 鈴木宗男オフィシャルブログ「花に水 人に心」

 26日にはトランプ大統領が訪れた国技館で大相撲を観戦し翌日27日には手術、そして28日には本人がブログを更新。現職時代は散々と野党に叩かれたが、追及の急先鋒だった辻元清美議員がその後、秘書給与詐欺で逮捕されるという波乱の議員生活であったが議員復帰の熱意はまだ衰えていないようだ。

関連:鬼畜!TBSが無断で移植手術の様子を放送、臓器提供男児の母親「夢の中の姿さえ肺になってしまった」
関連:公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました

立憲・川内議員が浅乃山優勝を八百長と疑う投稿!トランプ観戦に「バカらしくて関取たちは千秋楽を消化試合にした、国技館全体にサクラ」立憲・川内議員「朝乃山優勝は八百長」と疑う投稿!トランプ観戦に「バカらしくて関取たちは千秋楽を消化試合にした、国技館全体にサクラ」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  2. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  3. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  4. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  5. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  6. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  7. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  8. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  9. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」
  10. 玉城デニー知事、琉球人虐殺発言のロブ・カジワラを見捨てる「意見を申し述べる立場にはない」→半年前に県庁で面談「世界に伝えてくれて感謝」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP