オリラジ「PERFECT HUMAN」はパクリなのか?


PSYの「江南スタイル」のパクリです。
あれでパクっていないと言われても信じる人はいないでしょう。

ただ、権利関係で考えると営業活動を差し止めるのは難しいでしょう。
日刊サイゾーのよると、PVがレオナルド・ディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」と構図や演出が一致するところが多く、完全パクリとの指摘もある。
結局この指摘も無視され、オリラジは突っ走るでしょう。

そのパクリに悪意があるか?

これは法律論とは別で、パクられた側がパクった相手に「悪意」を感じるかどうかが重要な気がします。
どの世界でも「手本」「見本」とされるものがあり、誰かの作品をきっかけにチャレンジが始まり、分野のクオリティ向上や市場の拡大がなされます。
唯一無二の完全オリジナルで世の中全てが成り立つはずもなく、そのようなものは往々にして競争にさらされることもなく経済的にも発展しない。
独創的なアーティストが貧しいのは市場が開拓されていないからだ。
それを真似る人が現れ、ジャンルとして確立されれば市場も切り開かれる。

一方で悪意に満ちたパクリもあり、それは許されない。
他人の権利を侵害し、一儲けしてやろうという輩は当然のように訴えられる。
訴えられるかどうかは「権利者の気持ち」による。権利を侵害されたかどうかは権利者本人の判断であり、悪意を感じないオマージュのようなものなら歓迎する権利者もいるだろう。

それではオリラジの「PERFECT HUMAN」はどうでしょう。
楽曲や見た目は「江南スタイル」のパクリであることは間違いない、PVは「華麗なるギャツビー」をイメージしていることを否定できない。
そこに悪意はあったのか?

おそらく悪意はなかったのでしょう。
PSYから奪うものなどないだろうけど、あのリズムとスタイルを一つのジャンルとして取り入れたのでしょう。
一方、レオ様からは奪えるもの満載ですが、あまりにも相手が各上でパクることがある意味のギャグのようなもの。レオ様もオリラジに興味はないでしょう。

まあ、私は「PERFECT HUMAN」を面白いともカッコいいとも思いませんが。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

毎日新聞の印象操作、震災関連記事に麻生大臣の笑顔

舛添都知事とのヤフオク取引をベラベラ喋る出品者

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP