社民党増山麗奈「鳥越さんは点滴打って移動中に寝れば演説できた」


ネオフィード栄養セット オレンジ(600mLバッグ付) 06425
ネオフィード栄養セット オレンジ(600mLバッグ付) 06425

暴言、暴言、雨、暴言。
増山麗奈は暴言製造機なのか?
また、フェイスブックで吠えている。

「もっと街頭宣伝するべきだった。移動中の車の中で、点滴を打って寝ててもいい。」
↑鳥越さんを殺す気か?これはもう拷問に等しい。点滴打ちながら、移動中の車内で寝てまで都知事になっても都政は任せられないだろう。
選挙終わったころには灰になってる。

「女性問題。記者会見を行うべきだった。」
どの口が言う。
「キスのみで強姦なし、これぐらいの体験は皆様も心当たりあるのでは」と擁護したことで鳥越票を減らしたのは貴方だろう。

「だれか私をオリンピックのアートキュレーター的なお仕事で任命してくれないかな」
選挙前の街宣応援に駆けつけた山本太郎が「オリンピックは中止すべき」と演説したことを嬉しそうにツイッターに投稿してましたよねぇ?
なにオリンピックマネーに集ってんの?

それでは、今回の問題発言の詳細を・・・

スポンサーリンク

「キスのみで強姦なし」発言を削除して鳥越批判

増山麗奈は都知事選中に大変な失言で炎上し、鳥越票を減らした戦犯でもある。問題の発言は以下。
「日本社会。残念ながらセクハラ、パワハラ当たり前の社会。」
「また今回の文春の場合①20歳以上の女性が ②自分の意志で男性の別荘に宿泊 ③キスのみで強姦はなし と事件性は無い。」
「このぐらいの体験は皆様も心当たりあるのでは。」

しかし、都合の悪い問題発言を改ざんし、今度は世論に乗っかる形で鳥越批判を始めている。
書いている内容は実に稚拙で、テレビのコメンテーターやネット世論のコメントを拾い集めたもののようだ。
https://www.facebook.com/rena.masuyama.9/posts/1075778255837284
社会党時代を含め、戦後最悪の得票率をたたき出した増山麗奈。公職選挙法の基本も知らず駅のホームで演説をするなどの失態を犯した人間が偉そうに【増山麗奈が考える鳥越さん敗因に対する検証】とは片腹痛い。
点滴を打ちながら選挙に挑む候補者もいるが、他人が候補者に「もっと街頭宣伝するべきだった。移動中の車の中で、点滴を打って寝ててもいい。」などと言うのは人権問題だ。

オリンピックマネーに集る

「だれか私をオリンピックのアートキュレーター的なお仕事で任命してくれないかな」
https://www.facebook.com/rena.masuyama.9/posts/1075816945833415
他の優秀で独創的なアーティストに頼むでしょう。
わざわざ世界に恥を晒すために貴方に払う金はない。
そもそも貴方の街宣に駆け付けた山本太郎が「オリンピックは中止するべき」と訴えたことを自慢げにツイッターに投稿している。

ご都合と金次第で主義主張を変えるような人間は信用されない。
選挙の結果を見ればわかるだろう。

当初は、鳥越氏の女性問題を「キスのみで強姦なし、事件性なし」と擁護していたのに、鳥越氏の落選が決まったとたんに発言を削除して鳥越批判ですか?
証拠の画像、押さえられてますよ?

夫婦そろって暴言ごっこですか?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

志葉玲暴言「選挙に行こう!でバカがバカに投票する」危険な優生思想

都知事選社民党東京都連総括文書都知事選内部文書を増山麗奈が公開「社民は選対会議出席要請なし」野党共闘批判か?





最近の記事

  1. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  2. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  3. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  4. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  5. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  6. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  7. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  8. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  9. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  10. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様



最近の投稿

PAGE TOP