タイリクコーカサスオオカブトムシ


Wikis > 昆虫wiki > カブトムシ > タイリクコーカサスオオカブトムシ
種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Chalcosoma chiron belangeri (Guérin-Méneville, 1834)
和名:タイリクコーカサスオオカブトムシ

タイリクコーカサスオオカブトムシ関連動画
本種を含むコーカサスオオカブトは長年、学名をChalcosoma caucasusとして扱われてきたがKrell博士(2002)の報告によると、それまでC. chironのタイプ標本は紛失している(Endrödi, 1976)と考えられてきたが、実際にはOlivierが記載に使用したタイプ標本は、Dufresne Collectionとして現在もイギリスのエジンバラにある国立スコットランド博物館に保存されており、その標本からジャワ産のコーカサスの体長6cm(角を省く)ほどの♂と判明し、C. chironの記載が先行することから種名が変更することになった。
このことは、むし社発行の「BE-KUWA No.13 カルコソマ大特集!!(2004年12月24日発行)」において永井 信二氏の解説が掲載されている。
これにより広く学名の変更が認知され流通においても「学名 Chalcosoma chiron 和名 キロンオオカブト」が使われるようになった。
しかし現在、多くの販売業者がChalcosoma caucasusの学名を根拠無く使用しており、これらの誤りは、植物防疫所データベース及び通関書類をそのまま転記した誤用か、「シノニムの商用利用」と思われる。
植物防疫所データベースとシノニムの商用利用に関しては下記の記事で詳しく解説されている。
消えた「キロン」の謎と「シノニム」の商用利用

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


インド北東部・ミャンマー・タイ・カンボジア・ベトナム南部・ランカウイ島(マレー半島北西部沖)

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


参考文献・サイト


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

ミナミツヤハダクワガタ

コーカサスオオカブトムシ





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP