柿沢未途「野党共闘を前原代表に提言」3か月ぶりのFB更新も「嫁の造反離党騒動」の真相は明かさず


柿沢未途「野党共闘を前原代表に提言」3か月ぶりのFB更新も「嫁の造反離党騒動」の深層は明かさず

民進党の柿沢未途衆議院議員が3か月ぶりにフェイスブックを更新、前原誠司新代表に対し「野党共闘」を提言した。前原誠司代表は、代表選で共産党を含む野党共闘を見直すことを明言しており、柿沢未途議員はその前原誠司に投票している。

ここまでの党の低迷に責任の一端を負う者として、反省し、沈思黙考しつつ、自らがどうあるべきか、党がどうあるべきか、考えてきた。

一方で、地元にあっては、できる限り脚を動かし、焼けつくような夏の陽射しの中、汗まみれになりながら、人々の声に耳を…

柿沢 未途さんの投稿 2017年9月9日

新代表の方針に真っ向反する提案をしながらも、自身の妻である柿沢幸恵前都議が都議選の直前になって造反離党した件は一切説明しようとしない姿勢は、さらなる支持者離れを加速させそうだ。柿沢未途議員は、この造反離党問題を支持者から問われたが、スマホが壊れて投稿できないことを理由に3か月間SNSを更新せず沈黙していた。
参考:ゲス離党!柿沢未途の嫁、蓮舫の応援演説からたった10日で離党届
参考:民進党・柿沢未途、嫁の離党を問われ「スマホ壊れてるから無理」意味不明

スポンサーリンク

保身のための野党共闘要求

都議選において、選挙直前にだまし討ちのように造反離党をし、都民ファーストの推薦にすがった柿沢幸恵氏は落選。これで柿沢未途自身も次期衆院選で落選すれば夫婦で無職となる。
柿沢未途議員は前回の第47回衆議院議員総選挙(東京都第15区)では維新の党から出馬し当選したが、自民党の秋元司候補に肉薄され僅差での勝利であった。みんなの党→維新の党と時の人気政党から出馬し勝利してきた柿沢未途議員は、不人気政党となった民進党での選挙が怖いのだろう。自身の保身のために共産党からの支援を受けようとする思惑は、妻である柿沢幸恵が行った造反と同じようなものだ。

柿沢未途議員は都議選の際、夫婦そろって民進党の看板で活動を行い、造反離党する直前には当時の蓮舫代表直々の応援を受けていた。造反を画策しながら知名度の高い蓮舫代表(当時)の応援はちゃっかりと受けていたのだ。
参考:ゲス離党!柿沢未途の嫁、蓮舫の応援演説からたった10日で離党届
ゲス離党!柿沢未途の嫁、蓮舫の応援演説からたった10日で離党届

離党直前に民進党のロゴが入ったポスターを新調するなど、離党計画を隠蔽していた疑いもある。選挙直前に離党された民進党は、代わりの候補を追加公認するなど対応に追われたうえ、党の役員室長の妻が離党したことはマスコミに大きく報じられ蓮舫体制の崩壊を印象付けた。
この問題に関して支持者に説明をせず、やっとSNSを更新したかと思えば新代表に注文を付ける。柿沢未途議員の日和見自己都合主義は有権者に周知されたと言っても過言ではなく、ここまで来たらいっそのこと日本ファーストとの連携を模索する細野豪志議員に、夫婦そろって泣きついてみてはどうだろうか?

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

Jアラートに偽装した迷惑メール、ソフトバンクのiPhoneメールで確認、松潤メールと同一人物か?

小西ひろゆき議員、安倍内閣はがん麺類経済学者の小西ひろゆき議員がチャーシュー追加料金の謎を解明!落とした天ぷらの価格に続く快挙!

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 米津玄師を見た共産党・宮本岳志議員「あ、これユースケ・サンタマリア?」
  2. 鳩山由紀夫「佐喜真候補が翁長さんの後継を名乗っている!嘘つきだ!」←そんなこと一言も言ってません
  3. 朝鮮総連新潟県本部で頭から血を流して倒れている男性が見つかる!総連関係者ではない模様
  4. 朝日新聞グループが前川喜平の歴史を改ざん!文科省退職は「天下り」ではなく「政治と対峙」と言い出す
  5. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  6. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  7. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  8. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  9. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  10. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP