日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃


日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃
写真:2016年4月、街頭募金の様子

日本共産党が深刻な資金難に陥ったようだ。
共産党機関紙「しんぶん赤旗」は24日、一大募金運動を呼びかている。現段階では募金額が衆院選での必要額を満たしておらず、さらなる募金が必要とのこと。災害募金に乗じて集めた募金を党勢拡大や選挙資金に使っていたことが指摘され、野党共闘も崩壊、全く追いつかなくなったのだろうか?

(抜粋)
日本共産党のたたかいには、大きな資金が必要です。日本共産党はいま、供託金募金と選挙闘争募金を合わせた一大募金運動にとりくんでいますが、短期間に必要な資金を準備しなくてはなりません。みなさんの絶大なご協力を、こころからお願いします。
 世界の中でも異常に高額な供託金制度により、供託金の準備が必要です。メディアによる、さまざまな情報が氾濫する中で、わが党の訴えを広く有権者に知らせる宣伝物の作成、一般紙への宣伝広告の掲載、宣伝カーの運行など、多大な資金が必要です。もちろん、党として供託金、選挙費用も、一定の備えはしてきましたが、募金をお願いしなければならないのが実情です。
(中略)
今回は、とくに急を要する募金です。お一人おひとりの条件に応じた、ご支援・ご協力を重ねて心からお願いします。
出典:総選挙での躍進めざす一大募金運動(供託金募金・選挙闘争募金)に絶大なご協力をお願いします/2017年9月 日本共産党中央委員会

スポンサーリンク

野党共闘崩壊で多額の資金が必要に

日本共産党が強く推し進めてきた「野党共闘」の真相は、多くの選挙区に候補者を擁立するための供託金や選挙費用が払えなくなったからだと言われている。
かつては全選挙区候補社擁立を基本方針としていたが、2005年以降からは方針転換により候補者を立てない空白区が出るようになった。それでも、予測される議席数に対しては極端に多い候補者を立て党勢拡大を図ってきたが、資金難に陥り野党共闘に頼らざるを得なくなる。この野党共闘を理由に、候補者を取り下げる選挙区は全国に拡がっていた。

近年は民進党などの他党が候補を立て供託金や資金を負担、共産党は組織力を背景に動員をかけるという構図であったが、頼みの民進党が希望の党へ合流することで野党共闘は崩壊した。これにより、共産党は希望の党や自民党の改憲勢力に対立候補を立てなければならなくなった。
共産党は今まで「資金難」の噂を否定してきたが、急な解散と野党共闘崩壊により、資金不足を党員に訴えるしかなかったのだろう。

【全文転載は禁止、引用方法は】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

公式番組放送局→[ツイキャス][ふわっち]

スポンサーリンク

民青五寸釘ほなみが辻元清美とツーショット五寸釘ほなみ「希望から出ないとはっきり言え」民進・徳永エリ議員を詰める←参議院なので選挙は無いよ

都民ファーストあかねがくぼかよ子、小池批判に「マスコミや無責任な評論家を信じるか私たちを信じるか」都民ファースト茜ヶ久保嘉代子都議、小池批判に「マスコミや無責任な評論家を信じるか私たちを信じるか」

関連記事

  1. 田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素晴らしい憲法を作ろうと尽力しない」

    田中正道の正論「ド左翼は自己主張で相手の人権考えない」「もっと素…

    このサイトではすっかりお馴染みとなった田中正道さん。毎度の如く困った発言でネタを提供して…

  2. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず

    悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合…

    前原誠司衆院議員が民進党時代に結成した野球チームが会合を開き、チーム名を「民進カチマス」から…

  3. 小学生 夏休み 海

    【これは内輪ですか?】蓮舫議員も謝罪、「解散を問う小4が作ったサ…

    慶応大法学部の学生が小学4年生になりすまし、選挙結果に影響を及ぼすような暴挙。なりすまし事件…

  4. 勇喜と書いて「てつわんあとむ」と読む市長選候補、わずか360票で落選!法律上は読み方に制限はない?

    勇喜と書いて「てつわんあとむ」と読む市長選候補、わずか360票で…

    候補者の一人が「高嶋勇喜」と書いて「たかしまてつわんあとむ」と読むことで話題となった茨城県境…

  5. 自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?

    自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?…

    9日から一週間、当サイトで行った支持率調査で自民党と共産党の2択で「共産党に政権を任せたい」…

  6. 逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ場所に捕まりに来るマヌケな一面も

    逮捕された中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは!爆買いを装い毎年同じ…

    東京ビッグサイトで開かれている国内最大級の貴金属の展示販売会「第29回国際宝飾展」で、真珠な…

  7. 苦情で撤去されたミニストップの画期的な無断駐車対策が逆に絶賛される

    苦情で撤去されたミニストップの無断駐車対策、逆に画期的と絶賛され…

    写真:朝日新聞ウェブ版に記載された車両近影東京都府中市のミニストップの店舗駐車場で、無断…

  8. 都民ファーストあかねがくぼかよ子、小池批判に「マスコミや無責任な評論家を信じるか私たちを信じるか」

    都民ファースト茜ヶ久保嘉代子都議、小池批判に「マスコミや無責任な…

    都民ファーストの会は、SNSなどの発信が制限されていると言われているが、最近になって個々人の発信…

公式番組放送局→[ふわっち]→[ツイキャス]




最近の記事

  1. 北九州市議「櫻井よしこ氏の講演会に教育委員会が関わってる」過去の姜尚中、高橋源一郎、浜矩子はスルー
  2. スパイに詳しいTBS記者がスリーパー議員を指摘「本物のスリーパーだ。たしかにこれは国益を害するね」
  3. 警察官「止まれ」刃物男「撃つんなら撃て」→マジで撃たれて太腿を貫通、職質にサバイバルナイフで抵抗
  4. 「日本人スゴイじゃなくて」で炎上の江川紹子、過去発言掘り起こされ終了!にわか発言で番組降板の過去も
  5. 立憲民主党が日本メダル獲得に「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」批判受け取り消し→無かった事に
  6. 小泉純一郎「拉致問題に一番真剣に取り組んできた政治家は安倍さん」新著で電撃訪朝の舞台裏などを明かす
  7. 朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」
  8. 高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
  9. 横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」
  10. 変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長が盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP