赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース


赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース

赤旗のフェイクニュースに釣られる立憲民主くん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は22日の朝刊で、森友学園への国有地売却について「財務省近畿財務局内で、この取引が、「安倍事案」と呼ばれていた」「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」と、関係者の証言を掲載した。
しかし、この記事は悪質な印象操作を目的に仕込まれたマッチポンプであり、フェイクニュースといっても過言ではない。まず、タイトルからしておかしい。
『近畿財務局内で「安倍事案」/関係者証言 「森友」疑惑発覚 昨年2月以降/首相夫妻関与「常識」』

赤旗が掲載した「安倍事案」とは、森友問題を野党が「首相夫妻が関わっている」と難癖をつけた2月”以降”となっている。昨年の2月以降に「安倍事案」と呼ばれ始めたということは、野党が騒ぐ前は「安倍事案ではなかった」ということになる。
これが真実だというなら、国有地売却に安倍夫妻は関わっていないということになる。

スポンサーリンク

2月以降のことを「売却交渉」に見せかける

昨年の2月以降に「安倍事案」と呼ばれたのは、野党が首相夫妻の関与を根拠なく疑い始めたからである。この「安倍事案」は野党が後付けた造語と言っても差し支えない。時期的に見ても交渉段階でそう呼ばれていたわけではないのだ。
それを、同記事内で「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」という真偽不明の与太話を付け加え、あたかも国有地売却の交渉が「安倍事案」であったかのような印象操作をしている。
記事の大半が、昨年2月以降に「安倍事案」と呼ばれ始めたこととは関係のない、財務省による文書書き換えの説明で埋められているのも悪質な印象操作だ。

しんぶん赤旗が部数減で窮地に陥っているからといって、このようなフェイクニュースで購読数を伸ばそうとするのは感心できない。いくら党の機関紙とはいえ、新聞社と同じ組織を構え一般に拡散されるメディアであることは否定できないだろう。

関連:日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!

和田政宗議員の指摘は正しかった!→認めたくない共産・須山初美「ご本人に国会で証言してもらう」炎上中

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告がw」←ネットの閲覧履歴から表示されるエロ広告ですよねぇ?
  2. 反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
  3. バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到
  4. ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」
  5. 共産党議員を逮捕!自転車サドルに体液ぶっかけ暴力革命の号砲を鳴らす!
  6. あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
  7. 大阪地震「追及するいいチャンス」太田房江元大阪府知事が投稿、松井知事がツイッターで反論
  8. 捏造か?AERA(朝日系列)が地震速報デマを拡散、数値をこっそり改ざんするもデマはそのまま
  9. 自称「ゴール前の魔術師」小西ひろゆき議員がコロンビアの反則を称賛、ついでに安倍政権を批判して大炎上
  10. 「名前を確かめるために、とっさに浮かんだ名前を小さい声でうんと言ったんですね。それでこれはもう決定的だなと思いました」

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP