立憲民主議員の国会質問「プリキュア映画見た!子供たちが怪物ウソバーッカになる!安倍政権のせいだ!」


立憲民主党議員の国会質問「プリキュア映画見た!子供たちが怪物ウソバーッカになる!安倍政権せいだ!」

15日の衆議院本会議で立憲民主党の桜井周議員が「映画 プリキュア」に登場する怪物の危険性について、林芳正文部科学大臣に質問をするという珍事が起こった。
春休みに映画プリキュアを見た櫻井議員は、物語の中で登場する怪物「ウソバーッカ」は嘘を吐かれた子供たちが姿を変えたものだから、これはアニメだと笑い飛ばせないと。安倍政権のせいで、本当に子供たちが「ウソバーッカ」になるのではないかと懸念しているという。


出典:DAPPIさんのツイート

林文科相はこのふざけた質問に対し、プリキュアに一切触れず「丁寧に説明していく」と軽く流した。
桜井先生、ご安心ください。プリキュアはフィクションです。

スポンサーリンク

ネタ元は自身のブログだった

この質問をした桜井議員は3月下旬、自身のブログでもこの件を取り上げている。

 今回のテーマは約束を守る、約束を守らないと嘘つきになる、というものでした。そして、約束を守ってもらえなかった少年が、世の中はウソばかりと嘆き悲しみ、ウソバッカーという怪物になって世の中を荒らしました。そこで、過去に戻る扉を通って、昔の少年に会いに行き、果たせなかった約束を果たすことで、少年がウソバッカーという怪物から元の少年に戻るというものでした。

「ウソばかり」というのは、アニメの世界だけでなく、リアルに我が国の政治で大問題になっていることです。単なる偶然だとは思いますが、国会でウソの答弁が横行していることが発覚した時期に重なったので、子どもたちが大人の世界をどのように見ているのか、恐ろしくなるとともに、子どもたちに顔向けできる社会を取り戻したいと強く思いました。
出典:ウソばっかり | 日刊!桜井シュウ

こんな低レベルの話題を一カ月以上も温めて、本会議という晴れ舞台で披露する愚かさ。ようするに、桜井議員は自分の子供に「パパが国会でプリキュアのお話ししたよ」と言いたいだけだろう。
そのうち国会中継カメラに手を振りだすのではないだろうか?

関連:立憲民主議員が委員会で質問「野田中央公園について!」ただし「あまり詳しく答えないで」の条件を付ける

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

衝撃写真!共産党市議が北朝鮮との親善の集い、女性と腕を組み浮かれる姿を投稿!拉致問題どこへ?衝撃写真!共産党市議が北朝鮮と親善の集い、女性と腕組み浮かれて金正恩体制大絶賛!拉致問題はどこへ?

炎上!9条信者「安倍首相は一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」病気揶揄する投稿に批判が殺到炎上!新党憲法9条の代表「安倍は一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」難病揶揄する投稿に批判殺到

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 立憲民主党・川田龍平「人殺し大臣」ヤジを謝罪「感情を抑えられず絶対に言ってはいけない言葉を使った」
  2. 委員会で暴行の山本太郎「マイクは壊してない!」和田政宗「委員部も映像で確認、壊れとったで?」
  3. 懲罰委員会へ!山本太郎、森裕子、糸数慶子が本会議場で垂れ幕掲げ叫ぶ奇行、委員長の制止も無視して悪態
  4. 告発!フジテレビ「グッディ!」が麻原死刑報道で捏造か?情報提供者「全く事実と異なる説明をされた」
  5. 山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス
  6. 社民党の増山麗奈と福島瑞穂参院選演説
  7. 【祝】ネットギークさんが左翼に転向!田中龍作が被災住民に成りすまし隠し撮りした写真を絶賛
  8. 菅直人、総理だった記憶を消去「安倍総理は東日本大震災の時も超党派で対処せず」その時の総理はお前だ!
  9. 朝日新聞「運動部のみんな、熱中症「もうダメだ」の勇気を」津田大介「夏の甲子園は朝日の主催やんか」
  10. 安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP