炎上!新党憲法9条の代表「安倍は一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」難病揶揄する投稿に批判殺到


炎上!9条信者「安倍首相は一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」病気揶揄する投稿に批判が殺到

新党憲法9条HPより

インターネット政党「新党憲法9条」代表の天木直人氏の投稿が炎上している。
天木氏は15日、自身のツイッターに安倍首相の難病を揶揄して「一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」と投稿。第一次安倍政権が退陣する原因となった難病「潰瘍性大腸炎」を指しての投稿ではないかと批判が殺到している。

この投稿は安倍首相が14日の予算員会で、トイレのために離席したことも関係しているのかもしれない。病気の影響で離席したかは不明だが、質問中の野党議員は時計を止めたうえで快く応じている。

スポンサーリンク

難病への無理解は言い訳にならない

潰瘍性大腸炎については「腹痛」「気持ちの問題」という誤解があり、第二次安倍政権発足時には多くの著名人・コメンテーターが「お腹が痛いと言って総理を辞めたひと」と病気を揶揄し、その多くが謝罪と訂正に追い込まれている。ある意味では、安倍政権への批判の過程でこの病気が一般に認知されるようになり、最近では「無理解でした」は通用しない状態になっている。

しかし、病気が認知されて以降は、遠回しに難病を揶揄しておいて「そういう意図はない」と開き直る質の悪い問題も頻発している。




往々にしてこういう発言をする人達が普段から「差別が!権利が!」と叫んでいるのが二重に質が悪い。
思想信条や政治的対立を理由に病気を揶揄することは許されない。こういった人としての基本的なルールすら守れない人が、憲法の何を守ろうというのか?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

立憲民主党議員の国会質問「プリキュア映画見た!子供たちが怪物ウソバーッカになる!安倍政権せいだ!」立憲民主議員の国会質問「プリキュア映画見た!子供たちが怪物ウソバーッカになる!安倍政権のせいだ!」

東京新聞・佐藤圭記者のツイッターが停止!社会部移動後のツイートはすべて削除した模様東京新聞・佐藤圭記者のツイッターが停止!社会部移動後のツイートをすべて削除した理由はアレなのか?





最近の記事

  1. 後藤田正純議員、FBの画像流出で危機感「閲覧許可してないものまで流出となるとこれは大変なことに!」
  2. 【立憲民主党】韓国徴用工判決に反発した候補の公認を取り消し 嫌韓ヘイトとの批判を受け本人が辞退か?
  3. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  4. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  5. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  6. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  7. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  8. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  9. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  10. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP