渡瀬夏彦氏「オスプレイの低周波が心臓に響く」と謎のポエムを披露


ハセガワ 1/72 アメリカ海兵隊 MV-22B オスプレイ プラモデル E41
すごいポエムだ。オスプレイの低周波が心臓に響くという表現はもちろん比喩ですよね?
まさか、本当に低周波が心臓に影響するとは思っていませんよね?

これは一歩間違えれば日本共産党の吉良よし子議員の二の舞です。
吉良よし子議員は2年前に「低周波でペースメーカーに異常」という、とんでもないデマを飛ばして大恥をかいています。

低周波がペースメーカーや心臓などの特定部位に不調をきたすというのは完全にデマです。
ものすごーく簡単に説明しておきます。

スポンサーリンク

低周波治療器と混同する人が多い

オスプレイで問題となっているのは「低周波音」です。
これはトラックなどがアイドリングした時に感じる不快な感覚など、どこにでも発生しているので珍しいことではない。
主に心理的な影響が強く、人によって不安感や圧迫感を感じることがあるが、これは平穏であるはずの場所で急に感じると強いストレスの要因となる。職場で使う機械や車両から発せられる低周波音は寛容できるが、自宅周辺でイレギュラーに発せられるトラックのアイドリングや航空機の通過は受け入れがたいのは当然である。
人体に直接影響はしないが、心理的な不快感が体調悪化や動悸の原因にはなるかもしれない。ただし、オスプレイが飛んでいるからと言って「心臓」にダイレクトに響くということは起こりえない。オスプレイが発するのは低周波”音”であり、心臓やペースメーカーに影響する電気信号ではない。

このような誤解が生まれる主な原因は「低周波治療器」のイメージからくるものだろう。
同じ低周波という名前がついているが、こちらは周波数1~999Hzの”電流”を物理的な接触により体内に流すので人体への影響は強い。電流を流す以上、当然ペースメーカーや心臓への影響はある。
このイメージが強く、低周波と言えば「心臓に悪い」という俗説になっている。

この俗説に「オスプレイは怖い」という左翼が煽った恐怖心が心理的に影響すれば、高齢者などは不安感から体の不調を訴える場合がある。そもそも低周波はオスプレイ特有のものではなく、他の航空機や車両も発しているが、政治的にオスプレイ反対運動に利用されている。

これが日本共産党や社民党が開発した「低周波兵器」である。
現在も沖縄高江に実戦配備中。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

流行語大賞2016「鳥越俊太郎はクビ」に決定!(俺的に)

有田弟「国民が必ず船を沈めますから」民進党が転覆寸前ですが?

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
  2. 日刊ゲンダイ「安倍首相を内乱罪で告発!の投稿20万リツイート」見た瞬間にデマとわかる記事の真相は?
  3. 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も
  4. 石破茂「防衛庁長官のとき人民解放軍の青年将校に自衛隊の機密以外すべて見せるよう命令した」スパイかよ
  5. 板垣英憲「北朝鮮の外相に河野太郎が怒鳴られた」河野太郎ご本人登場「有料のブログで嘘を流さないでね」
  6. 西日本新聞「東京五輪が待ち遠しくない、日本人なら協力して当然という圧力」←お前のとこ五輪記事禁止な
  7. NHKが放送法違反か?韓国サムスン電子の新スマホを宣伝するニュース「濃淡くっきりメモリー容量2倍」
  8. 東京新聞・望月衣塑子記者が悪質な編集動画を拡散、東京医科大学を「東京女子医大」と間違えた質問隠蔽か
  9. 速報!関西生コン支部幹部3人を逮捕!脅迫で契約迫った恐喝未遂の疑い→産経以外は報道しない自由発動中
  10. 共産党の異様さ際立つ!翁長知事の訃報に議員ら一斉に「遺志を継ぐ、戦い抜く」と基地反対運動激化の狼煙

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP