パヨチンデマ!HIV患者入会拒否の事実は無し、サービス提供者への取材で判明


レインボープライドでのHIV入会お断り

6日・7日に開催されたLGBTへの理解を深めるイベント「東京レインボープライド」に出展した同性愛者パートナー紹介サービスが、HIV患者の入会を断り「ほかの会員が嫌がるから」と説明したとされる問題。某パヨチン界隈が「差別だ」とザワつき始めているようだが、にわかに信じ難い。どうやら、この界隈は確認をせずに垂れ流している節がある。

そこで、サービスを運営する株式会社リザライに取材を行ったところ、ツイッターで流れているような事実は無く「説明が至らなかったため誤解をされたかもしれない」とのことだった。
結論としては、HIVを理由に入会をお断りしているという事実は無いようだ。

スポンサーリンク

なぜ、誤解が生じたのか?

ツイッターでは「HIVお断り」「会員が嫌がるから」という言葉が独り歩きし、サービス提供者への批判の声が上がっている。しかし、これは誤解であるようだ。まず、株式会社リザライの規約や案内にそのようなことは記載されていないという。

リザライは一般的な結婚紹介所のように写真や年収を見て会員が相手を選ぶようなサービスではなく、コンシェルジュがマッチングを行い紹介するという方式を採用している。
月額で料金を支払いコンシェルジュに数名の相手をマッチングしてもらうのだが、コンシェルジュは適当に手あたり次第に互いを合わせるのではなく、双方の様々な条件等を精査し「マッチしている」と判断した場合に紹介を行い、双方同意のもとにお見合いを行う。

ここで問題となるのが、登録はしてみたが一向に相手が見つからないというトラブルだ。これは一般的な結婚紹介所などでよく聞くパターンでもある。
リザライでは、このようなトラブルを回避するために、明らかにマッチングが困難と判断した場合は入会をお断りしている。この「お断り」がシャットアウトという意味に誤解されているようだが、これはHIVに限らず、他の病気や収入等を総合的に判断したうえで「現段階で料金を受け取っても相手が見つからない」という理由で入会をお断りしているという。

要するに、HIV患者だから入会を断るということはなく、マッチングすると思われる相手さえ見つかれば、そのことを伝えて紹介はする。

例えば、仕事もなく闘病中であってもパートナーとしてマッチする相手がいれば入会は可能、ただしマッチする相手が会員の中からみつかる可能性がその時点で低い場合は、料金を受け取ることができないのでお断りをするという。これは期待だけ持たせて料金を受け取ることは好ましくないという同社の方針のようだ。
提示された条件ではパートナーを見つけることができないとわかっていながら、料金を支払わせることは「詐欺」と認識しており、闇雲に有料会員を募るということはしていないとのこと。

職業・収入・容姿・年齢・病歴などを考慮してマッチングするという説明が『HIV』の部分がクローズアップされ「マッチする相手が現段階で見つからない」という部分が「他の会員が嫌がるから」という捉えられ方をしてしまったようだ。

繰り返しになるが、HIVでも拒否することなく理解を得られそうな相手がいれば、コンシェルジュが判断して紹介を紹介はする。

既にネット上では某界隈が「差別だ」と騒ぎ始めているようですが、取材の結果では差別にあたるような事実は一切ありませんでした。

今後はnoteで記事を書きます

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

山口 あずさ - わたしが北朝鮮なら、原発を攻撃すると思っていたが、考えが変わった。拉致被害者を並べて日本国政府を脅すだろう山口あずさ「私なら拉致被害者を並べ日本を脅す」改憲阻止に人質発言

カボチャの天ぷらと小西ひろゆき議員小西ひろゆき議員が蓮舫への攻撃指示!信念の行動か監視し躊躇なく!

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. デマ「共産党・小池晃が被災地の炊き出しおにぎりを食べた」説明で誤解は解けるのにツイート削除?
  2. 警察出動動画あり!黒川敦彦が加計獣医学部を無許可中継→不法侵入と不退去で逮捕を検討される事態に
  3. 後藤田正純が自分の炎上に陰謀論「政権批判のSNSを国家機関が監視?SNSの天才によって一度精査を」
  4. 「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース
  5. 立憲民主党・初鹿明博がしれっとツイッターを再開、下半身スキャンダル以降約1年ぶり
  6. ヤバすぎる!九条の会「国会前での焼〇自〇をまじめに考えました」作家の澤地久枝が告白
  7. 炎上!福島瑞穂さんが北海道被災現場で記念写真「山が崩れて、家などを押しつぶしてしまいました」
  8. 元・朝日新聞記者が麻生大臣の容姿を揶揄「口が曲がってる」ツイッター開始2週間300投稿の大半が悪口
  9. 加計獣医学部で焦げた唐揚げ定食を出された黒川敦彦さん「また必ず事件が起こる」(キリッ

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP