暴力革命?古谷有希子「国会に火炎瓶投げ込むとか政権転覆計画とか誰か過激な反政府運動組織しないかな」


暴力革命?古谷有希子「国会に火炎瓶投げ込むとか政権転覆計画とか誰か過激な反政府運動組織しないかな」

 古谷有希子氏(経済社会学?)によるツイートが批判を浴びている。

 古谷氏は1日、現政権への批判ツイートの中で「国会に火炎瓶投げ込むとか、政権転覆計画とか、誰か過激な反政府運動組織しないかなと思って見ている。現政権の腐り具合は、平和的デモじゃどうしようもないとこまで来てる。」とテロを彷彿とさせる内容を投稿しているのだ。


暴力による現状変更は許されない

 このツイートは、ツイッター社の規約違反だけでなく、社会的にも決して容認してはならない反社会的で危険なものだ。
 こういったツイートは往々として比喩表現が行き過ぎた場合に問題視されるが、古谷氏のツイートでは具体的に「火炎瓶を投げ込む」「政権転覆計画」「過激な反政府運動組織」と記述されており、比喩表現である場合はそれに続く言葉で打ち消すなどするはずだが、古谷氏は続けて「平和的デモじゃどうしようもないとこまで来てる。」としている。平和の否定は極めて危険だ。

 安倍一強と言われる現状において、政権批判が過激になる傾向にあるが、ここまで具体的なツイートは珍しい。フランスの暴動に対しても好意的にみているようで、その本気度が怖い。

 日本共産党の暴力革命を地で行くような人物である。

関連:あずみん「官邸会見室、テロリストはいない」田中稔「望月衣塑子さんのことかー!」あずみん「ちゃうで」
関連:元SEALDs諏訪原健、妄想でテロ等準備罪に反対している事が判明

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【検証】netgeekの「韓国の文在寅大統領はコミュニケーション能力が相当低い」は単純なトリック【検証】netgeekの「韓国の文在寅大統領はコミュニケーション能力が相当低い」は単純なトリック

岡田克也議員の講演会が政治資金パーティー収入記載漏れ、ニトリから計200万円分岡田克也議員の後援会が政治資金パーティー収入記載漏れ、ニトリから計200万円分

SNS・RSSフォロー

定期購読マガジン&メルマガ

最近の記事

最近の投稿

PAGE TOP