日本共産党公式ツイッター「中国共産党に対する文句をなぜか日本共産党に対して言ってくる人が存在する」


日本共産党公式ツイッター「中国共産党に対する文句をなぜか日本共産党に対して言ってくる人が存在する」

 日本共産党の公式ツイッターは5日、一般アカウントに対し公式引用リツイートで「中国共産党に対する文句をなぜか日本共産党に対して言ってくる人が存在する2018年日本。今年もあと残りわずかですね。」と投稿した。一般アカウント側からのツイートは「日本の国会では共産の名がつく政党が議席を持っている。」というもので、日本共産党と中国共産党を混同しているわけではない。


中国の暴走は直視しない日本共産党

 一般カウントのツイート趣旨は、日本共産党の本村伸子衆院議員が「安倍政権の暴走」と投稿しているのに対し、共産主義政権の中国がウイグル植民地支配によりどれだけの人権侵害をしているかを例に出し、共産主義の暴走こそ恐ろしいということを伝えている。

 これを、中国共産党への批判が日本共産党に向けられたと勘違いするということは、日本共産党が中国で起きていることを軽視している証左でもある。同じような思想を持ちながら、中国での弾圧と虐殺に正面から向き会おうともせず「あれは中国共産党だから」で済ませてしまう薄情さが本気で怖い。
 暴力を肯定する党とは、こうも非情なのか。

関連:共産党が自衛隊内部資料を入手し国会で暴露!石垣島奪回作戦の想定に「奪回は沖縄戦の再来」と反対の姿勢
関連:衝撃写真!共産党市議が北朝鮮と親善の集い、女性と腕組み浮かれて金正恩体制大絶賛!拉致問題はどこへ?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主・初鹿議員、おしどりマコの放射能デマを認めるも「今までは今まで」不問に付すことを勝手に決定立憲民主・初鹿議員、おしどりマコの放射能デマを認めるも「今までは今まで」不問に付すことを勝手に決定

報ステ富川アナ「尖閣諸島の近くに空母が待機すると中国を刺激する」中丸記者「日本は守る側ですから」報ステ富川アナ「尖閣諸島の近くに空母が待機すると中国を刺激する」中丸記者「日本は守る側ですから」

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP