自衛官狙った通り魔か?迷彩服で出勤中に刺される!強靭な自衛官は刺されたことに気が付かずそのまま出勤

自衛官狙った通り魔か?迷彩服で出勤中に刺される!強靭な自衛官は刺されたことに気が付かずそのまま出勤

画像:ANNnewsCH

 陸上自衛隊松本駐屯地の3等陸尉の男性(33)が出勤途中、何者かに腹部を刺された可能性があるとして警察が捜査している。
 自衛官は23日午前8時ころ、規定通り迷彩服で出勤途中に何者かとぶつかったという。駐屯地に到着後、左下腹部に刺されたような傷があることに気が付き病院で治療を受けた。

自衛官を狙った通り魔か?

 自衛官が迷彩服を着ていたことから、犯人は明確に「自衛隊」を狙った可能性もある。不特定の人物を狙うなら、屈強な自衛官を狙うリスクは避けるはずだ。
 
 先月22日には那覇市の自衛隊沖縄地方協力本部の窓ガラスが割られ、窓際にあった折り畳みベッドの一部燃える放火事件が発生している。
参考:【沖縄がヤバい】自衛隊の窓ガラスが割られ放火!辺野古では重機の鍵穴に接着剤、給油口に砂糖で器物損壊

 一方的な思い込みや思想から、自衛官に対して憎悪を抱く人間は少なくない。民間人から罵倒されたり、時には暴力を振るわれたという話は元自衛官からよく聞く話である。近年頻発する大規模災害では、自らを犠牲にして民間人を助けてくれる自衛隊。それにもかかわらず偏見や差別が蔓延している状況は嘆かわしい限り。
 日本共産党の藤野保史議員は防衛予算を「人殺しの予算」と中傷し、吉良よし子議員は自衛隊の訓練に嫌がらせをする始末。
自衛官狙った通り魔か?迷彩服で出勤中、刺される!強靭な自衛官は刺されたことに気が付かずそのまま出勤

 この国を守っているのに、どうしてその自衛官の人権を認めないのか?

関連:【国民の敵】小西議員が自衛隊野宴で自衛官の反省文を朗読→その時、自衛官とその家族がとった行動は?
関連:共産党が自衛隊内部資料を入手し国会で暴露!石垣島奪回作戦の想定に「奪回は沖縄戦の再来」と反対の姿勢


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で