ブーメラン!民主党政権下では産経新聞の会見出席を拒否していた!「言うだけ番長」の表現に前原氏が抗議


ブーメラン!民主党政権下では産経新聞の会見出席を拒否していた!「言うだけ番長」の表現に前原氏が抗議

 官房長官の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が愚問を繰り返すことに関し、同社に抗議があったとして「報道の自由が!」とメディアが騒いでいる。
 メディアとして政権に対峙していく姿勢は仕方のないのだが、これに野党が便乗して騒いでいるのはどうも理解できない。なぜなら、民主党政権下では産経新聞の批判記事が気に入らないとして、当時の前原誠司政調会長が同社の会見出席を拒否していたからだ。松本龍復興大臣(当時)の「書いたらその社は終わり」は有名だが。こちらも大きな問題だったはずだ。
 以下は、世耕弘成議員の当時のブログである。

民主党の前原政調会長が自分のことを「言うだけ番長」と表現した産経新聞を出入り禁止にし、記者会見への出席を拒否したことが問題になっている。これは報道の自由、表現の自由を踏みにじる重大かつ危険な行為だ。世の中はもっと関心をもつべきだ。
(中略)
もう一つの問題点は、産経新聞が理不尽な会見出席拒否をされているのに、他のメディアが唯々諾々と(産経新聞を識別するために民主党職員が要求する)名刺を差し出して記者会見に出席したことだ。

このような場合には各社が連携して前原氏の記者会見をボイコットすべきだった。最近のメディアには言論の自由を死守するという気概が感じられない。このようなことを繰り返していてはメディアの自殺行為につながっていく可能性がある。
出典:前原氏産経出禁事件:他メディアの会見受入れはメディアの自殺行為

スポンサーリンク

望月記者は優先的に質問できる

 世耕氏はブログで「産経新聞が理不尽な会見出席拒否をされているのに、他のメディアが唯々諾々と(産経新聞を識別するために民主党職員が要求する)名刺を差し出して記者会見に出席した」として、ボイコットすべきとしている。
 当時は幹事社であった朝日新聞が他社と共に民主党に抗議しているが、さほど大きな騒ぎにはなっていない。ワイドショーなどでも取り上げられ、左派の論客らも苦言を呈していたようだが、ほとんどのひとの記憶から消える程度だ。

 では東京新聞はどうだろうか?会見から排除されていないし、幾度となく事実誤認などを指摘された望月記者は今でも出席が許されている。それどころか、菅官房長官は会見の最後に同記者を必ず指名してフリーに質問をさせている。これは他の記者には許されておらず、フリーランスの記者らはこれにより質問の機会を奪われているのだ。
 これのどこが「排除」なのだろうか?報道の自由は守られているのに、質問に基づく記事を一切書かない東京新聞こそが権利を放棄しているに過ぎないのだ。

 東京新聞を始め、マスコミ各社が政権を叩くのは仕方ないし、それが仕事みたいなものだ。だが、そこに便乗して騒ぎ立てている民主党系議員たちは、自分たちの過去を無かった事にして、どの口で文句を言っているのだろう。

関連:元・民主党の柚木議員が麻生大臣の記者会見を批判!それではここで民主党のマスコミ対応をご覧ください
関連:山尾志桜里「FLASHの取材方法はヤクザ顔負け、拡散お願い」小林よしのりと子供を盾にメディアを批判

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

安積明子氏「共産党の院内会見はフリーランス質問禁止」池内前議員の「(菅長官)断じて許さない」に反論安積明子氏「共産党の院内会見はフリーランス質問禁止」池内前議員の「(菅長官)断じて許さない」に反論

星田英利「確実に前に進んでいる国(北朝鮮)と、すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国(日本)」意味不明星田英利「確実に前に進んでいる国(北朝鮮)と、すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国(日本)」意味不明





最近の記事

  1. 基地関係ない?元今帰仁漁協組合長「戦前から漁業やってるがジュゴン見たことない」ダイナマイト漁で激減
  2. 共産党地区委員長「君が代が嫌いなので歌いません」批判リプにも態度最悪「いい影響あるかもしれねーよ」
  3. 小西ひろゆき議員、また首相に暴言「馬鹿や恥知らずの次元ではない。狂人のレベルだ」堂々ヘイトスピーチ
  4. 足立康史議員が国会で「NHKディレクターが共産党系団体で講演」→共産党議員「国会から退場いただく」
  5. 立憲民主議員、ジュゴンの死因に「工事の影響とは認めない可能性が」←だって辺野古とは反対側の海だから
  6. 破産者マップが閉鎖、運営者の言い訳が破綻していると話題に!開示請求や損害賠償請求など問題は山積
  7. 人気ユーチューバーの小西洋之さん、安倍首相を「狂人のレベル」と中傷する投稿、防大卒業式の訓示に難癖
  8. 山本太郎「金の臭いを巧みに嗅ぎ分けるMr清少納言、竹中平蔵」→足立康史「私がやったら即、懲罰動議」
  9. 立憲民主党公認候補「自衛隊は遠い国に行き人を殺せるようになりつつある、人を救う集団に戻しましょう」
  10. 朝日新聞・高橋純子、野党議員を野糞に例え「野に在りて振り絞るもの」官僚には「公僕が勘違いしている」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP