【共産党】生活保護希望者の写真をSNSで晒した服部ひとみ市議、しれっと投稿を再開するも説明は無し


不祥事!共産党市議が生活保護希望者の顔写真をSNSに投稿「近々、党にお誘いするお約束」批判受け削除

 生活保護を希望する男性の写真をツイッターに投稿し炎上した共産党の服部ひとみ市議(府中市)が、問題に対する説明もないままツイッターを再開している。

 予算審議で質問を連発したようだが、まずは自分の犯した過ちについて説明してみてはどうか?政権批判が目的と思われるリツイートもしているようだが、他人に厳しく自分に甘いのは日本共産党の党是か何かなのだろうか?
不祥事!共産党市議が生活保護希望者の顔写真をSNSに投稿「近々、党にお誘いするお約束」批判受け削除

晒し投稿の問題点は?

 いまだに誤解している人が多いようだが、投稿は「不正受給」を示すものではない。

 市議の書き方には大きな問題があり「社長さんでありながら、現在は無料定額宿泊所にお住まい」と書いたことで「社長が生活保護?」という指摘を受けている。しかし、これは“ありながら”から“現在は”と言い換えているので、“かつては社長”と言う意味だ。社長と言う立場と無料低額宿泊所が同時進行なら“現在は”が不要となる。
 また、生活保護の需給は「全ての国民」が対象であり、困窮している社長も対象となることは意外と知られていない。無論、会社に資産があった場合は「清算してくれ」という話になると思うが。

 いずれにしても、この男性に疑いをかけるよりも、現職の市議が生活保護受給希望者の顔をネットにアップしていることが大問題なのであり、一旦は男性のプライバシーを保護したうえで、この市議に責任を取らせるのが筋だろう。さらに、こういった生活保護の相談に対して党の機関紙「しんぶん赤旗」を勧めたり入党勧誘をするのはあってはならないことだ。

関連:不祥事!共産党市議が生活保護希望者の顔写真をSNSに投稿「近々、党にお誘いするお約束」批判受け削除
関連:共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に指導部が言い逃れ指示

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【国会】中野正志「最低でも県外と言ったのは何処の誰だ」元・民主「うるさい!」森裕子「関係ないよ!」【国会】中野正志「最低でも県外と言ったのは何処の誰だ」元・民主「うるさい!」森裕子「関係ないよ!」

薬師寺議員、野党のヤジを樋口委員長に謝罪→森ゆうこ議員と徳永エリ議員は子馬鹿にした態度で反省なし薬師寺議員、野党のヤジを樋口委員長に謝罪→森ゆうこ議員と徳永エリ議員は小馬鹿にした態度で反省なし

SNS・RSSフォロー

最新の記事

  1. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠「10枚来た」初鹿明博議員は団体と写真撮影、支持者(後援会長?)がSNSで参加の謝辞

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP