北朝鮮が日本を批判「我々と付き合う夢を見るべきではない」←トランプに振られた腹いせとしか思えない


北朝鮮が朝日新聞本社にミサイル照準を合わせる「謀略記事、絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせる」

 先月の米朝首脳会談で、トランプ大統領が拉致問題を取り上げたことに対し朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は8日付けの記事で、安倍総理大臣と河野外務大臣について「アメリカ側にかわるがわる電話をかけて、首脳会談で拉致問題を解決する意思を伝えてほしいと要請した。」と名指しで批判した。
 さらに「日本が過去の罪悪について賠償しないかぎり、われわれとつきあう夢を見るべきではない」と謎の強がりも見せている。

この中で、安倍総理大臣と河野外務大臣について、「アメリカ側にかわるがわる電話をかけて、首脳会談で拉致問題を解決する意思を伝えてほしいと要請した。日本は自分たちに有利な方向にアメリカを動かそうとして、ロビー活動に人的物的資源を総動員した」として、安倍総理大臣を名指しで非難しました。

そのうえで、「私たちが相手にするにはいままで日本が犯した罪はあまりにも大きい。日本が過去の罪悪について賠償しないかぎり、われわれとつきあう夢を見るべきではない」として、改めて過去の清算を求めました。
出典:北朝鮮 米に拉致問題取り上げ求めた日本を非難 | NHKニュース

トランプに振られた腹いせ

 土壇場でトランプ大統領に振られた男が未練がましく言い訳をしているようにしか見えない。蜜月関係になれると思っていたトランプ大統領が、いきなり日本から要請された拉致問題を持ち出したことで”やきもち”を焼いているのだろう。しかも、拉致問題は一方的に北朝鮮に非があることで、大好きなトランプ大統領に怒られたような気分になったのだ。
 トランプと会うために自慢のカリアゲをセットしたのに、さぞ悔しかっただろう。

 多くの日本人を拉致し、さらには核開発で世界を恫喝するような国が他国と友好関係を結ぼうというのは虫がよすぎる。まずは拉致被害者を全員帰国させ、核を放棄してから「助けてください」と頭を下げてくるのが筋だろう。

関連:公選法違反?共産党市議が「本番リハーサル」と称し事前運動か、過去には北朝鮮親善の集いで女性と腕組み
関連:星田英利「確実に前に進んでいる国(北朝鮮)と、すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国(日本)」意味不明

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール

小西洋之議員、自分の質疑を過大評価「なぜこの戦後政治最大の事件を全国紙や民放局は報道しないのか」小西洋之議員、自分のクイズを過大評価「なぜこの戦後政治最大の事件を全国紙や民放局は報道しないのか」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP