蓮舫「我を忘れて嘘をつける人が政治家でいていいのか」←自然と嘘をつくお前が言うな!ツッコミ殺到

政治・社会

蓮舫「我を忘れて嘘をつける人が政治家でいていいのか」←自然と嘘をつくお前が言うな!ツッコミ殺到

 忖度発言で渦中の塚田国交副大臣に対して、立憲民主党の蓮舫副代表は4日「我を忘れて嘘をつける人が政治家でいていいのか」と痛烈に批判した。
 これには「お前が言うなよ」というツッコミが入る。コメント欄にも同様の批判が殺到している。

 それではここで、嘘つき蓮舫の歴史を振り返ってみましょう。

国籍もアイデンティティも嘘だった

 蓮舫氏と言えば「二重国籍問題」での"嘘"だろう。
 問題を指摘された当初は「台湾籍から離脱している、私は日本人」と否定しておきながら、後になって「やっぱり台湾籍が残っていた」と、これだけ重要なことを確認もせず"嘘"をついていたのだ。
 その後もしきりに愛国心をアピールしていたが、過去のインタビューで日本籍について『今、日本人でいるのはそれが都合がいいからです。日本のパスポートはあくまで外国に行きやすいからというだけのもの。私にはそれ以上の意味はありません。いずれ台湾籍に戻そうと思っています。』と発言していたことが発覚、日本への思い入れがないことが判明する。
参考:蓮舫終了のお知らせ「日本人でいるのは都合がいいから、意味はない、台湾籍に戻す」台湾での写真も公開

 さらに、週刊プレイボーイ誌上でも「私、台湾人だから」と断言していたことも判明している。この年、96年に蓮舫氏は台湾に渡航しているが、その目的は明らかにされていない。
参考:スクープ写真!蓮舫がタバコ片手に「やっぱり私、台湾人だから」もうひとつの雑誌インタビューが見つかる

 他にも、ちょいちょいと嘘をついている。
参考:嘘つき蓮舫「自民は災害対策せずにIR法案を木曜に採決するってよ」和田政宗「全く事実ではありません」

 最早、嘘と真実の境界を見失っていると言っていいレベルだ。
 こんな人が政治家でいていいのだろうか。

関連:【仕分け人】蓮舫&枝野「米軍基地で働く日本人の賃金を見直せ」理由は?「沖縄は低賃金、合わせるべき」
関連:NHK「官僚の妻・夫の叫び ~子ども持てない、残業代でない」足立康史議員「蓮舫さんの責任だよね」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で