自衛隊駐屯地近くで自社の無人ヘリを墜落させた琉球新報「基地上空ドローン規制、国民の知る権利を阻害」


自衛隊駐屯地近くで自社の無人ヘリを墜落させた琉球新報「基地上空ドローン規制、国民の知る権利を侵害」

 琉球新報が4日の社説「ドローン規制法案 基地の実態を隠す悪法だ」において、米軍基地上空や自衛隊施設上空のドローン規制を「国民の知る権利、報道の自由を阻害」などと批判をしている。

 米軍や自衛隊の都合を優先した法改正は断じて許されない。テロ対策に名を借りて国民の知る権利、報道の自由が阻害されてはならない。
出典:<社説>ドローン規制法案 基地の実態を隠す悪法だ – 琉球新報

 そういう琉球新報さんは、2015年に空中撮影用の小型無人機マルチコプターを自衛隊駐屯地近くに墜落させている。危ないよね?ちょっとしたテロだよね?

琉球新報が墜落させた位置関係がヤバい

 以下は2015年の佐藤正久議員の投稿だ。

 これは2015年1月に琉球新報の小型無人機が訓練中に墜落したというニュースで「那覇市天久の同社敷地内で記者2人が機体を高度約15メートルまで上下させる基礎訓練をしていた」「那覇新港周辺に墜落した可能性」とされている。

それでは、ここで那覇新港周辺と琉球新報敷地を地図を確認してみましょう。
自衛隊駐屯地近くで自社の無人ヘリを墜落させた琉球新報「基地上空ドローン規制、国民の知る権利を侵害」

 一歩間違えれば那覇空港や自衛隊駐屯地に落下している。こんな危険な事故を起こしておいて、どの口で文句を言っているのだろうか。

 基地や自衛隊関連施設の上空をドローンが自由に飛べることの方が異常であり、数年前に首相官邸の屋上にドローンが落下していたた際に、テロ対策の甘さを批判されたのも忘れたのだろうか?

 国民の知る権利を盾にしているが、それ以前に国民の命に係わることが優先されるのは当たり前ではないだろうか。自分たちの命を危険に晒してまで琉球新報の記事を読みたいひとなどいないだろう。

関連:ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」
関連:【動画】乗松聡子「天皇が作った歌を沖縄の歌手に歌わせた!天皇による植民地主義の象徴!」琉球新報掲載

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主が暴力隠蔽か?公認取り消された候補「私の長女が別の立憲民主党候補と口論の末に殴られました」立憲民主が暴力隠蔽か?公認取り消された候補「私の長女が別の立憲民主党候補と口論の末に殴られました」

公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP