高須院長にお悔やみの電話「訃報を流したの誰だよ?」院長死去のフェイクニュースが匿名掲示板から拡散か


高須院長にお悔やみの電話「訃報を流したの誰だよ?」院長死去のフェイクニュースが匿名掲示板から拡散か

 高須クリニックの高須克弥院長は16日、自身のお悔やみの電話がかかってきたことをツイッターで明かした。院長は「父親になりすましてお礼を言うわし、わしの父親、生きてれば115才だよ。気づけよ、訃報を流したの誰だよ? 」と投稿している。


 この悪質な「訃報」は匿名掲示板が発端のようだ。

匿名掲示板で悪質なタイトル

 フェイクニュースの発信元は以下の匿名掲示板のようだ。

 スレッドタイトルで「高須克弥院長死去」となっているが、記載内容は高須院長が入院したことを報じた東京スポーツの転載である。いわゆる「タイトル詐欺」と言う手法だ。
 同スレッドには「これはアウト」「ガチで訴えられるぞ」というコメントが殺到している。匿名掲示板では、著名人と同姓同名の一般人の訃報でスレッドを立てることがよくあるが、入院の報を死去のニュースに見せかけるのは極めて悪質である。

関連:高須院長の投稿を「虐殺」と批判した町山智浩の過去「バカの遺伝子残せないよう一族郎党皆×しにしろ!」
関連:高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」

反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除反党行為?立憲民主・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP