退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」


退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」

 4月30に挙行された「退位礼正殿の儀」で安倍首相が、国民代表の辞の最後の部分を「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願って『い』ません」と漢字を読み間違えたとされる報道について官邸の公式ツイッターが反論の説明を行っている。
 官邸によると、安倍首相が読んでいた文は、同日に閣議決定されたものと同一で「末永くお健やかであらせられますことを願って『や』みません」と、ひらがなで表記されており漢字を読み間違えたということは有り得ないという。


読み間違ったのは別の部分だった

 官邸の反論は事実に基づいており「”已みません”」という元から存在しない表記を根拠に「漢字を読み間違えた」と伝えた記事は誤報である。

 問題となっていた一文は以下の部分、

天皇皇后両陛下には、末永くお健(すこ)やかであらせられますことを願ってやみません。

 動画(開始11分あたり)を確認すると、安倍首相が「やみません」と正しく発音できていないのも事実だ。また、安倍首相が読み間違っているのは「やみません」ではなく「あらせられます」という部分で、これを読み直した直後に舌が回らず「やみません」の「やみ」の部分が曖昧になってしまっている。
 これを「漢字を読み間違えた」とSNSで拡散され、メディアがそれを鵜呑みにしてしまったようだが、問題の部分を「いません」と発音しているかどうかという視点で聞き直すと「やみ」でも「い」でもない完全に舌がもつれた状態である。大切な場面での失敗とも言えるが、こういった活舌の問題をことさら責めるのはメディアとしても品性に欠ける行為である。この官邸の反論を受けて早速、”安倍首相は、ひらがなが読めない”という誹謗がSNSで行われているが、一度は漢字の読み間違いと騒いでおいて見苦しい限りだ。ひらがなと思って聞いてみれば単なる舌のもつれである。

 以前には枝野代表が国会で、白根山噴火被害に「心からお見舞い」を「お祝い」と読み間違えたとされる騒動があったが、あれも活舌の問題であり音声検証の結果「お見舞い」と発言したいたことが判明している。今回、閣議決定の原文も確認しないまま記事にしたメディアは猛省すべきだろう。

関連:枝野幸男代表が活舌の悪さを謝罪、白根山噴火被害に「心からお祝い発言」は実際には無かったことが判明
関連:毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品もファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる?さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も

香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP