香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」


香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
 日本維新の会を除名となった丸山穂高衆院議員が24日、事情聴取のための衆院議院運営委員会理事会を欠席し「適応障害で2カ月の休養が必要」とする診断書を提出した。
 これに対し精神科医の香山リカ氏はツイッターで、丸山議員の診断書が詐病によるものであるかのような表現を用い「国会議員なら対応すべき範囲内」と投稿している。

精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外です。「逃げたいときには病気と偽装できるのか」と患者さんたちが誤解されます。適応障害とのことですが、ストレス因は自ら招いたもので、国会議員なら対応すべき範囲内です。

 これには丸山議員に否定的な著名人からも疑問の声が上がっている。

荻上チキ「直接診断したわけではない」

 香山氏の投稿を引用した評論家の荻上チキ氏は「僕は丸山議員に辞めて欲しい」と前置きしながらも「直接診断したわけではない精神科医が、「自ら招いた」「ストレス因」による適応障害は「国会議員なら対応すべき範囲内」という言い方をしてしまうのは怖いなと思います。」と疑問を呈した。

 香山氏は過去にも同様の「遠隔診断」と揶揄される投稿を何度も行っている。直接診断をしていないのに、特定人物の様子について断定的な病名や症状を投稿することは、やはり医療の倫理に反しているのではないだろうか。

関連:香山リカに名前をからかわれた当事者怒りのツイート!石平氏「名前で遊ぶ人は最低」百田氏「揶揄するな」
関連:【パワハラ動画】山本太郎が官僚を恫喝!委員会答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのか!」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」

立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP