【パワハラ動画】山本太郎が官僚を恫喝!委員会答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのか!」

政治・社会

【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」

 21日の参議院文教科学委員会で、山本太郎議員が官僚の答弁に激高し声を荒げ、パワハラ恫喝ともとれる発言をする場面があった。

 山本議員は厚労省の答弁が質問の意図と食い違っていたことに腹を立て「答えたことあるのかって!何分使ってるんですか!」と官僚を怒鳴り、再度答弁した官僚に対し「説明されたことあんのかって!」と国会の場として不適切な言葉と態度で恫喝している。


官僚には何を言ってもよいという勘違い

 山本議員に恫喝されたのは厚生労働省の八神敦雄大臣官房審議官(社会、援護、人道調査、福祉連携担当)である。立場的には局次長級であるが、国会内では議員には逆らえない弱い立場でもある。山本議員に限らず野党議員は「官僚は罵倒してもよい」と勘違いしているようだが、職務の内容に限らず人権は守られるべきであって、いかなる理由があろうとも立場を利用したパワハラは許されない。
 4月16日の衆議院厚生労働委員会でも、丸山穂高議員が「野党合同ヒアリングで官僚が罵倒されている、官僚ならいいのか」と質問し、それに対し参考人は「誰からの行為であっても、それはハラスメントになる」と答えている。 
参考:野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」

 山本太郎議員の国会内での振る舞いは過去に何度も問題となっているが、一向に改善される様子もない。7月の参院選では任期中のこういった振る舞いについても総括されれば良いのだが。

関連:山本太郎と森裕子の売名に報道陣も呆れて退出!財務省押しかけパフォーマンスを4時間も続ける異常な行動
関連:山本太郎が暴行!内閣委員長の腕に掴みかかりマイクを損壊する暴挙、質疑では終始暴言パフォーマンス

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で