立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊の海外派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護もしない」削除して謝罪


立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪

 立憲民主党の山崎誠衆院議員が16日、自衛隊の海外派遣に際して総理を含む議員5名を”くじ引き”で決めて同行させるという趣旨の投稿を行っていたことが判明した。

立憲民主党・山崎誠が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪

投稿は既に削除されている

自衛官の皆様に接するたびに思う。自衛隊の海外派遣について提案。自衛隊を海外に派遣する際には、総理大臣を含む全国会議員からくじ引きで選ばれた5名の議員が最前線の任務に同行すること。当然、自衛官の皆さんと同じ立場で参加、警護などの対象とはしない。自衛官の皆様の活動に政治が責任を持つ。

指摘を受けた山崎議員は投稿を削除して謝罪したが「私見である」として、立憲民主党への責任追及をかわす様な投稿も行っている。丸山穂高議員は辞職を求められているのだが・・・

謝罪と弁明も意味不明で不適切

 問題の投稿について指摘された山崎議員は21日午前に投稿を削除し、謝罪と弁明の投稿を行っている。

 政治家の自衛隊に対する当事者意識というのが意味不明だ。それぞれの立場で責任を果たすのが筋であって政治家が自衛隊の当事者として一体になることは文民統制とは言えない。
 また、自衛隊の最高指揮監督権を持つのは総理大臣であり、その最高指揮官を前線に送り警護もしないというのは自衛隊全体を混乱させ危険に晒す行為だ。また、警護の対象にしないなどありえず、自衛隊は何があろうとも同行した人間を守ろうとするだろう。

 こういった発言を許しておいて、丸山穂高議員の戦争発言だけ許さないのは筋が通らない。立憲民主党はこの議員にも辞職を求めるべきだ。

関連:立憲民主党・おしどりマコ「民主主義では、愚かな市民は愚かな代表を選んでしまう。」←共産主義者の発想
関連:立憲民主党・落合議員、韓国メディアが作った捏造画像で政権批判「韓国よりも我が国の方が米国に従属的」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」

【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」【パワハラ動画】山本太郎が官僚を恫喝!委員会答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのか!」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

  1. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠「10枚来た」初鹿明博議員は団体と写真撮影、支持者(後援会長?)がSNSで参加の謝辞

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP