野党は「愛子様が天皇を殺害」発言から目を逸らすな


増山麗奈「安倍昭恵が大麻で三宅洋平の運動体をつぶした、山本太郎の口座で集めた選挙資金を三宅が流用」
先日公開した「愛子様が天皇を殺害」という社民党公認候補増山れなの暴言問題。この発言は社民党が選挙前に吹っ飛ぶレベル。

しかし、この記事から目を逸らそうとする卑怯な動きが確認された。
野党関係者が、私の記事から比較的ソフトで弁明の余地がありそうな部分だけを切り取り拡散しているのだ。
増山による「愛子様天皇殺害」発言から、問題の焦点を増山個人の歴史観「昭和天皇の戦争責任」発言に移そうという算段だ。

問題発言の内容に党派性は関係ない

私が記事内で指摘した問題点は以下の通りだ。

・愛子さまが天皇を殺害
・天皇家は狂気の国の象徴
・天皇家を一家離散
・昭和天皇を奴隷化
・アメリカ先住民とアフリカ人への偏見
・プロミスが内臓を取る
・マルイは闇金

それがなぜか「天皇陛下ノーマスクに思う事 : 増山麗奈の革命鍋!: 」http://renaart.exblog.jp/18565066/ という増山麗奈公式ブログ内への記事へ直リンクされて拡散されている。
増山の問題発言を拡散するなら「愛子様が天皇を殺害」「プロミスが内臓を取る」といった発言のほうが圧倒的に悪質である。
重大な発言から目を逸らそうとする目的が疑われるが、実際に民進党支持者がフェイスブックで「天皇ノーマスク」の部分だけを拡散しているのも確認された。

増山の問題は右派左派が対立して論じる党派性は関係ない。
天皇制に増山が異を唱えることに関しては賛否両論があるが、愛子様は当時3歳であり、その特定の幼児が実の祖父である天皇陛下を殺害するなどという発言は幼児に対する暴力に等しい。
この部分は党派性の問題ではないだろう。

「プロミスが内臓を取る」「マルイは闇金」などの特定企業を誹謗中傷する行為に加え、それが増山本人の金銭感覚に起因する私怨であったことは政治家にあるまじき行為であり、これも党派性の問題ではない。

今回発覚した増山の問題発言は、過去に話題になった「ジジババは安楽死」「てめえら豚はプルトニウム米でも食ってろ」といった発言とは次元が違う。党派性関係なく非難される内容でもある。

野党共闘維持のために問題を「天皇ノーマスク記事」のみに焦点を移そうなど卑怯としか言いようがない。
昭和天皇の戦争責任ならば、国内でも議論がたびたび起こり意見が分かれるところ。ここでは党派性が顕著に表れ、左派の支持も得られる。
増山の言葉の汚さと個人的歴史認識の問題として反省を求めるだけに留まる可能性のある案件だ。
そこに問題の焦点を移し、「愛子様が天皇を殺害」などの一発で社民党ごと吹っ飛ぶ問題を回避しようという動きに乗ってはいけない。
残念ながら右派左派問わず、この動きに乗ってしまっている方が多数見受けられるが、是非とも再考願いたい。
社民党も他の野党も選挙のためなら幼児への暴言を許せるのか、よく考えて責任ある対応をしてほしい。

これは党派性の問題ですか?
むしろ、幼児に対する暴言は左派が激しく抗議する事案では?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

増山麗奈と社民党佐藤あずさ社民党増山れな「愛子様が天皇を殺害」「プロミスは内臓を取る」などの暴言

もし高校野球の監督が増山れなの『暴言の書』を読んだら

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP