哀川翔さんには大変お世話になってます。昆虫業界への影響力公開!


はじめてのカブトムシ飼育BOOK
監修 哀川翔 はじめてのカブトムシ飼育BOOK

哀川翔さんには個人的に大変お世話になっています。
面識ないですが・・・

昆虫好きで、カブトムシに関しては昆虫専門誌のギネスホルダーでもある哀川翔さんがテレビでカブトムシを語ると、このサイトのアクセス数がどうなるか見てみましょう。
番組は8月30日に放送された「有吉弘行のダレトク!?」、哀川翔さんがお祭りのピンチを救うために500匹のカブトムシを提供するという内容で、23時~の放送。
それでは当サイトの23時台のアクセス数をご確認ください。
カブトムシ哀川翔効果
増加したとかいうレベルではありませんね。

スポンサーリンク

哀川さんがカブトムシを語るとアクセス激増

当サイトはカブトムシなどの昆虫関連記事も多数掲載されており、昨年書いて記事でも検索から毎日多数の閲覧がある。
そこで、哀川翔さんがテレビでカブトムシを語ろうものなら、日本中で一斉に哀川翔さんとカブトムシについての検索が始まるわけです。
その検索結果の中でもインパクトのある記事へ一斉にアクセスが集中し、私は何もしていないのに勝手にアクセスが爆発するという仕組み。

どういった記事にアクセスが集中するのか?




アクセスの多い4つの記事を見てみると、2014年と2015年に書いた古い記事だったりします。普段からアクセスの多い記事なのでネットに浸透しており検索にヒットしやすいようです。
細心の記事がランキングでは上位に入らず、過去記事への検索流入に頼る当サイトとしては哀川翔さんがカブトムシを語れば語るほど注目されウハウハ状態になるのです。

昆虫販売サイトや昆虫関連ブログを運営している人で、この「アニキの恩恵」を受けてないという方。
戦略を練り直したほうが良いと思います。
哀川翔さんは空前のカブトムシブームを起こしてくれました。
この波に乗れないようでは先が思いやられますよ。

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【動画有】地球外生命体?白蝋の綿毛、腹部には8対の脚がある生物

ショップジャパンの「傷まないフライパン」が景品表示法違反





最近の記事

  1. 朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました
  2. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  3. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  4. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  5. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  6. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  7. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  8. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  9. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  10. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP